すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

テレビから なかなか卒業できない

以前、テレビをできるだけ見ないようにする、と書いたことがありますが、ほんの一時だけで、結局、なかなかテレビから卒業できません。それでも、ドラマについては、数年前からめったに見なくなりました。理由は、ドラマは一度見始めると、続けてみることに…

ちょっとだけキャッシュレスへ

影響されやすい私は、NHKの「実践ビジネス英語」の7月号にあったキャッシュレス社会についてのビニェットで、私もできるだけ現金を使わずに過ごしてみようかなと思いました。確かに日本では、現金信仰が強く、キャッシュレス化については遅れているようです…

髪を切りました。

ここのところ暑苦しいので、髪を切ることにしました。切る前の髪の長さは、肩より少し長く、日中は髪を1つに結んでいました。それでも、髪の量が多いこともあって、なんとなく重いですし、お風呂に入ったあと、髪を乾かすのにすごく時間がかかります。また…

本棚:『100万分の1の奇跡』

川村隆一朗さんの『100万分の1の奇跡』を読みました。ある秋の日の朝、バイクでの通勤途中に事故に遭い、33年の生涯を閉じるはずだった僕。しかし、神様の気まぐれ、というよりは、わがままにより、八十八日間生き延びることとなります。神様から僕が選ばれ…

とっさの「ありがとう」

先日、ちょっとした荷物は手提げに入れて、ノートパソコンを抱えて歩いていたところ、前を歩いていた方が、ドアを開けて待っていてくれました。そのため、「すみません」と笑顔で言いました。シチュエーションによって、「ありがとう」にも「ごめんなさい」…

暑中お見舞い申し上げます

睡眠の優先順位が高い私にとって、冬の布団の中は天国です。一方、夏の寝苦しい夜は苦手です。地元が盆地なので、夏の暑さには慣れているほうかなと、ある時期までは思っていました。中学までは、エアコンのない教室だったので、下敷きをうちわ代わりにして…

本棚:『何のために生まれてきたの?』

やなせたかしさんの『何のために生まれてきたの?』を読みました。おそらく新聞の投書にでもあったのだと思いますが、アンパンマンの歌詞で元気がでるっていう大人もいるらしいよ、と母から聞いたことがあります。その時は、そういう歌詞だったっけ?と思い…