すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

本棚:『セレモニー黒真珠』

宮木あや子さんの作品です。『校閲ガール』に出てくる加奈子が、本作品に登場しているとのことで気になっており、図書館で見かけたときに借りようと思っていました。が、これがなかなか図書館になくて。はじめのうちは誰かが借りているんだなと思っていたの…

掃除中にふと思う Simple is best

片づけは好きなのですが、掃除は好きではなく、特に好きではないのが水回りの掃除。とはいえ、以前に比べると嫌いの度合いが減ってきており、掃除にかける時間も短くなってきたように思います。 嫌いの度合いが減ったのは、昔の物件に比べると水回りが汚れに…

本棚:『大人のOB訪問』

子ども向けには職業体験とか、学生向けには会社紹介とかありますが、社会人になってしまうと他の仕事を知る機会がめっきり減ってしまい…。もちろん、異業種交流を積極的に行っている方もいるのでしょうが、出不精のわたしは、会社以外の知り合いと言えば、学…

数字に弱い

1LDKのわが家にある時計は、アナログが1つにデジタルが2つ。デジタルの1つは電波時計で温度も表示、もう1つは電波時計ではないけれど温度と湿度を表示。この温湿度計のついた方の時計が、先日、電池が切れました。だいぶ前から、なんだか表示が薄くなっ…

本棚:『名古屋駅西 喫茶ユトリロ 龍くんは食べながら謎を解く』

東京生まれの主人公、鏡味龍。名古屋の大学に通うため、祖父母が営む名古屋駅西にある老舗の喫茶店ユトリロに下宿し、名古屋めしにも詳しくなってきました。本書は久々のシリーズ3作品目です。 名古屋駅西 喫茶ユトリロ 龍くんは食べながら謎を解く posted …

本棚:『不安は9割捨てました』

25歳から東京で週休5日の隠居生活を始め、31歳で台湾に移住した著者。以前『なるべく働きたくない人のためのお金の話』を読んで、週5日も働かなくても、年収100万円ぐらいでも生活できるんだ!と、それまでの思い込みの一部が払拭されました。その当時は、…

雨の日の散歩

昼休みの過ごし方は、お弁当を食べる→散歩する→読書する、なのですが、悪天候でなければ、雨の日でも散歩はしています。ふつうは雨に日にはわざわざ散歩はしないのでしょう。私のほかに散歩している人はおらず、独占状態で、意外と好きなのです。ところが、…