すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

本棚:『居酒屋おばさんの下戸ですけど何か?』

魚料理専門の大衆向けの居酒屋を旦那さんと営んでいる著者。著者は下戸ですが、旦那さんは酔っぱらうと珍獣になるよう…。旦那さんのことやお店のことが書かれていますが、下戸からすると酔っ払いは不思議な生き物であることでしょう…。 居酒屋おばさんの下戸…

本棚:『弁当屋さんのおもてなし 甘やかおせちと年越しの願い』

表紙のイラストは口取り菓子。北海道ではお正月にお節と食べるとのことで、そうなんだ~と。そして、スパカツも出てきまして、こちらも食べてみたいなと思いました。北海道に行くときには是非!(いつになるか分からないけど) 弁当屋さんのおもてなし 甘や…

本棚:『人は見た目が9割』

顔のつくりや身長などの体格は遺伝が大きいかなと思いますが、太っているor痩せいているなどの体型や猫背などの姿勢、仕草などは、その人の生活習慣や思考習慣などの表れ。そして、習慣とは、無意識下で行われるものであり、その人そのもの。ということは、…

本棚:『弁当屋さんのおもてなし ほっこり肉じゃがと母の味』

シリーズ第3弾。トウキビスープに北海道の美味しいお米たち…。ちょうど新米の季節ですね。本書に登場する北海道のお米は、砂川のゆめぴりか、函館のふっくりんこ、新篠津のななつぼし、北空知のきらら397、ほしのゆめ、おぼろづき。北海道のお米っていっぱ…

本棚:『ラジオ・ガガガ』

ラジオがキーとなっているお話6つが収められています。主人公は70歳のおばあちゃんから女子中学生まで。ちなみに、その女子中学生は、毎週、ラジオで子供電話相談室を聴いていますが、ダサいと思っており、周りには秘密です。 ラジオ・ガガガ posted with …

本棚:『日本全国 ゴミ清掃員とゴミのちょっといい話』

自治体や企業のゴミ削減のための参考になる取り組みが紹介されています。ふだん、どうにかしてゴミを減らせないものか!と思っている身としては、こういう話は勇気をいただけます! 日本全国 ゴミ清掃員とゴミのちょっといい話 posted with ヨメレバ 滝沢秀…

本棚:『日常は5ミリずつの成長でできている』

表紙の写真とタイトルに惹かれて手に取りました。『暮らしのおへそ』で編集ディレクターとして企画・編集に携わっている一田憲子さんが、自身のサイト「外の音、内の香」で、「日々のこと」として綴った文章を加筆してまとめたものだそうです。自分に対して…

本棚:『弁当屋さんのおもてなし 海薫るホッケフライと思い出ソース』

シリーズ2作品目です。ホッケフライに雪室じゃがいも、ジンギスカン、姫竹。北の美味しい食材がたくさん…。あぁ、食べてみたい。 弁当屋さんのおもてなし 海薫るホッケフライと思い出ソース(2) posted with ヨメレバ 喜多 みどり/イナコ KADOKAWA 2017年1…

本棚:『あなたに謎と幸福を』

物語は断然ハッピーエンドが好きでして、読後、ぞわ~っとするようなのは苦手で、そのため、怖い話はもちろん、ミステリーもあまり読みません。でも、本書はタイトルに「幸福を」とあるように読後感があたたかいハートフル・ミステリー傑作選。5つのお話が…

本棚:『幸せの値段』

春、夏、秋、冬。それぞれの季節に2つの短いお話が収録されています。私が好きなのは「春の再会」。かつて一緒に会社を立ち上げ、当時は新し物好きで有名で、寸暇を惜しんで働いていた友は、今は田舎でスローライフ。都会ではお金がなければどうしようもな…

本棚:『「コツコツ投資」が貯金を食いつぶす』

いつも出掛けるときには、持ち物と戸締りを指差し呼称で何度かチェック。おかげで、家を出るまでに時間がかかる私は、慎重派だと自認しております。以前の私だったら、本書を読んで、「あぁ、やっぱり投資はよくないんだ、怖いんだ、損するんだ」と思ったこ…

赤い野菜

毎日のお弁当。どうせ食べるの自分だし…と栄養とか色どりとかテキトーではありますが、赤色としてミニトマトを重宝しております。黄色は玉子焼き…といきたいところですが、楽なのでゆで卵を縦半分に切って入れています。 スーパーでは たいていの野菜が一年…

本棚:『ゴミ清掃芸人の働き方解釈』

もともと、ゴミの多さはムダ(資源の無駄使い)の多さと思っており、できるだけゴミを出さずに暮らしたいと思っておりましたが、ゴミ清掃芸人の滝沢秀一さんの本に出会い、ますますその思いを強くするとともに、ゴミ変態である自分も悪くないじゃない?と思…

本棚:『弁当屋さんのおもてなし ほかほかごはんと北海鮭かま』

千春はコールセンター勤務の25歳。会社の先輩がおめでた婚で退職することとなり、急遽、代わりに転勤でやってきた11月の札幌。その先輩の結婚相手とは、千春の恋人だったが、二股をかけられていることにそれまで気付いていなかった…。慣れない土地で身も心も…

傘を借りて、濡れずに済んで

先週のとある日の夕方。ミーティングが終わって、さぁ帰ろう!と思ったら、外は雨。あれ?天気予報は雨だったっけ?遅い時間だったら雨具があるといいってあったような気がするけれど…と天気予報を責めたところで、外は雨。そして、私は今日、傘を持ってきて…

本棚:『レンタルフレンド』

きっかけは、会社のあまり親しくない先輩から、親戚の結婚披露宴に新婦友人として出席してくれないかと頼まれたこと。そして、同じテーブルの他の女性もみな、新婦の本物の友人ではなく、10人中6人はプロだった。不思議と楽しんだ七実はレンタルフレンドにス…

プレ更年期

人生80年としたら、ちょうど ど真ん中。これから後半戦に向けて、新しいことを始めてみるのもいいかもしれないな、なんて思っている今日この頃ですが…。どういうわけかイライラすることが多い日々。若い頃はこんなにイライラしなかったと思うのに…。これから…

本棚:『とり残されて』

最近、宮部みゆきさんの作品は読んでいませんでしたが、図書館にある短編集の文庫本はほぼ全部読んでいるんじゃないかと思っています。…いや、思ってました。本書(文庫版)を見つけたとき、「あれ?これ読んでなくない?」と。実際、これまで読んだことがな…

本棚:『「嫌い」の感情が人を成長させる』

突然ですが、あなたの嫌いなものは何ですか? 「嫌い」という感情は、「嫉妬」と同じように、それを抱くことは良くないことで、そういう素振りを見せるのは幼稚だし、口に出してはいけない…といった雰囲気は確かにあるかなと思いました。このブログでも、で…

寝ぼけ眼

日の出の時間が遅くなってきて、朝起きたときにはまだ暗い状態となりました。そのため、目が覚めたときに、朝なのか、まだ夜中なのか、分からないことが最近多くて。 先日、朝、目が覚めて、あぁ~よく寝た!とトイレに行き、朝のルーティンを開始しようとす…

本棚:『おでん屋ふみ』

『おでん屋ふみ おいしい占いはじめました』というタイトルを見て、『婚活食堂』と同じ?と思いましたが、そこはやはり違いまして…。 つまらない女だとフラれた千絵、39歳。昼間は普通に働いているが、夜中におでん屋を始め、おもしろい女になって、元カレを…

死ぬかと思った…

先日、職場でお弁当を食べていた時のこと。鶏肉をよく噛まずに、いけないなぁと思いつつも飲み込もうとしたら…。ん?何この違和感…。もしや喉に詰まった? まず軽く咳をしてみるもダメ。次にお茶を飲んでみるもダメ。違和感は無くなりません。そして涙と鼻水…

本棚:『おまめごとの島』

東京から小豆島にやってきたワケありな秋彦。すごいイケメンであるものの、気が弱くて、方向音痴で…。秋彦が小豆島にやってきた理由とは?そして、タイトルにある「おまめごと」とは? おまめごとの島 posted with ヨメレバ 中澤日菜子 講談社 2015年02月19…

ただいま節電中

エアコンは1年中使わず、冷暖房器具といったら扇風機とこたつ。しかし、こたつは今のアパートに引っ越してから、複層ガラスのおかげで朝晩の冷え込みが抑えられたことと、そこそこ日当たりがいいので、使わなくなりました。そして、こたつは処分しました。…

本棚:『ミチルさん、今日も上機嫌』

ミチルさん、45歳、バツイチ、子なし。中学2年の冬からずっと付き合う男が途切れたことがなかったが、3カ月前にフラれてしまい…。さらに仕事も失って…。 ミチルさん、今日も上機嫌 posted with ヨメレバ 原田ひ香 集英社 2014年05月26日頃 楽天ブックス 楽…

本棚:『74歳、ないのはお金だけ。あとは全部そろってる』

牧師家庭の8人きょうだいの5番目として生まれ、自身も夫も牧師である著者。4人の娘さんたちは早くに独立し、長年闘病していた夫を2016年に見送って、その後は公営住宅でひとり暮らしをされています。月7万円の年金で十分に暮らせているそうですが、教会へ…

一房の葡萄

私の地元は山梨です。大学に入って地元を離れたとき、山梨出身というと「実家から葡萄や桃が送られてくるの?」と期待されましたが、残念ながらサラリーマン家庭でして、そのようなことはありません…。ただ、林檎や蜜柑と違って、葡萄や桃を買うことはなく、…

防災の日

9月1日は防災の日です。そこで、この前の週末に備蓄品の賞味期限をチェック。といっても、去年の今頃に購入したものですから、賞味期限はまだまだ先。しかし去年、購入した際に、たとえば3日分を一度に確保するとなると出費が痛いなぁ…と思いまして、手持…

本棚:『お探し物は図書室まで』

小学校に併設されている「羽鳥コミュニティハウス」。将棋や俳句、フラワーアレンジメントやパソコン教室などが企画され、区民であれば誰でも参加可能。そして、図書室もあり、司書さんからすすめられた本の1冊だけは、他のものとは違っていて…。さらには、…

50リットルの水

つい最近知ったのですが、世界保健機構WHOが定めた一日に最低限必要な水の量は50リットルだそうです。では実際に使っている量は? TOTOのホームページによると、世界平均で1人、1日に約186L使っているそう。とはいえ、これはあくまで世界平均。日本人はと…