すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

ドアはやさしく閉める

ドアを静かに閉めるのもマインドフルネスと知って以来、ドアや引き出しを閉めるときは最後まで見届けるよう意識するようになりました。そして、ていねいに優しく閉めようと意識するときに思い出すのが、教習所で怒られたこと。 それはまだ20代か30代前半の教…

本棚:『ナイルパーチの女子会』

商社に勤めるキャリアウーマンの栄利子。彼女のお気に入りのブログは「おひょうのダメ奥さん日記」。「おひょう」こと翔子も、栄利子と同じ30歳で、どうやら女友達がいないよう。近所に住んでいた2人の出会いは良かったものの…? ナイルパーチの女子会 post…

レコーディング・ごみ・ダイエット

昨年、ゴミの重量を測ろうと、吊り下げ式の重量計をAmazonで購入し、燃やせるごみ(←私のところでは、プラごみも燃やせるごみ)を測るようになりました。そして、今年からは、家から出る全てのゴミを測るのだ!と決め、手帳に記録しています。 現在、燃やせ…

歯は どこから磨く?

先日、歯科検診を受けました。定期検診から約3ヶ月。その割には歯石が多いとのこと…。 お口の健康は、全身の健康に対しても大事だと頭では分かっているのですが。いや、腹の底では分かっていないんだろうな…。歯磨きはもちろんしていますが、「ていねいに」…

本棚:『クローバー・レイン』

老舗で大手の出版社「千石社」に勤める彰彦。他社の新人賞贈呈式で久しぶりに会った担当の作家。ひょんなことから読ませてもらった原稿は、一読して本にしたいと思った。しかし、千石社では売れていない作家はノーサンキューで…。 クローバー・レイン posted…

読書メーター その後

読書メーターに登録してから約3週間。やはり記録するとなると、読書にも気合いが入りまして、たくさん読むぞ!という気になります。しかし、読むのが遅いので、読書量を増やすためには、読書時間を増やす必要があります。読書時間を増やすためには、他の時…

睡眠不足の原因は

先週、なんだかいつもより疲れて、まだ水曜か…まだ木曜か…という状態でした。どうして疲れているんだろうと考えてみると、2月は積極的にテレワークを取得していたのですが、久々の1週間フル出勤。そして、読書メーターを使い始めてから、読んだ本をいっぱ…

確定申告 四苦八苦

少額ではありますが母校に寄付したので、寄付金控除のために先月、確定申告をしました。確定申告自体は、これまでに同様の理由で2回ぐらい行ったことがありますが、その時はマイナンバーカードを持っておらず、通知カードのコピーの他に、免許証のコピー、…

本棚:『親の介護には親のお金を使おう!』

本書は以前読んだ『親の介護をしないとダメですか?』の中で、著者が参考になったと書いていた本で、気になって、図書館で予約していました。今すぐどうこうというわけではないですし、自治体によっても違いますし、これから制度が変わることもあるでしょう…

つい、いつものクセで

緊急事態宣言の最中ですので、出張はめったになく、職場にお土産のお菓子が置かれることもほとんどなくなりました。しかし、先日、久々に出張に行った方のお土産が打ち合わせスペースに。 シュガーフリーを意識しているので、お菓子は頂かないのですが、食べ…

本棚:『週末介護』

お兄さん、お姉さん、お姉さんの息子たちと著者での、5年間のお父様の介護についてのエッセイ集です。ちょうど本書を読んでいる最中に介護セミナーを受けたこともあって、自分の場合はどうだろうと考えながら読みました。 週末介護 posted with ヨメレバ 岸…

本棚:『プリティが多すぎる』

新見佳孝は老舗の出版社「千石社」に入社し、誰もが知る週刊誌の現場で、裏方ながらも働けて、晴れがましかった。そして、いずれは文芸の編集者に。…のはずが、2年後の配置転換での異動先は、ローティーン向けの月刊誌「ピピン」。リボンやら、ふわふわやら…

本棚:『和菓子のアン』

梅本杏子、18歳。身長150cm、体重57kg、サイズLがぱつんぱつんのデブ。高校卒業後、進学するでも就職するでもなく、さすがにやばい気がした5月。デパ地下の和菓子屋さんでバイトとして働き始めます。職場は杏子を入れて4名。それぞれ見た目では分からない個…

本棚:『蜜蜂と遠雷』

ピアノコンクールが舞台のお話です。出場するコンテスタントはもちろん、審査員側の葛藤もあり、壮大な物語だなと思いました。そして、この物語には、きっと終わりはないんだろうなと。人生の大部分を音楽に費やし、でも、自分には才能があるのだろうかと悩…

はじめてのオンラインコンサート

先日、出光興産主催のオンラインコンサート「みらいを奏でる音楽会」を視聴しました。オンラインコンサートを視聴するのは今回初めてです。『羊と鋼の森』(調律師の話)を読み終えて、『蜜蜂と遠雷』(ピアノコンクールが舞台の話)を読んでいる最中で、ち…

甘くやわらかい悪魔のたべもの

できるだけシュガーフリーを心がけるようになって、また、パンよりご飯の方が好きなこともあって、ふだんパンはあまり食べません。そのため、スーパーでもパン売り場は素通りだったのです。そう、つい1カ月前ぐらいまでは…。 あれは悪魔のささやきだったの…

荷物どのぐらい?

散歩中の持ち物はスマホと家の鍵。それだけなのですが、肩掛けの小さいバッグに入れて散歩していました。しかし、勝間和代さんがYouTubeで、冬はポケットがたくさんあるから、ちょっと出かけるなら手ぶらだと言っているのを聞いて、散歩なら真似できるなと思…

本棚:『羊と鋼の森』

主人公の僕が生まれ育った山には中学校までしかなく、高校からはひとり暮らし。高2の2学期の中間試験の期間中、図書室で自習しようかと思っていたところ、先生からお客さんを体育館へ案内するよう頼まれます。そのお客さんとは調律師でした。調律されたピア…

本棚:『アリエリー教授の「行動経済学」入門』

本書はNHK人気番組の書籍版『お金と感情と意思決定の白熱教室』を改題・文庫化したものだそうです。行動経済学、とても面白いですね。 アリエリー教授の「行動経済学」入門 posted with ヨメレバ ダン・アリエリー/NHK白熱教室制作チーム 早川書房 2017年07…

本棚:『コーヒーが冷めないうちに』

世の中のことに疎い私は、最近の歌を知らないのはもちろんのこと、本に関しても話題の本を知らないことが多く、読み終えて、このブログに感想を書く段階になって、ちょっと調べて、ドラマ化 or 映画化されてたんだ~と知るということが結構あります。ですが…

本棚:『スキマワラシ』

8つ年の離れた兄弟。兄には映像記憶の力があり、弟には「アレ」があります。兄は古道具屋を営み、弟は以前勤めていた飲食店がなくなったのを機に、兄の仕事を手伝うようになりました。そして、同窓会で言われたあることから生まれた「スキマワラシ」。家に…

読書メーターに登録してみました

中学生の頃は、読書記録をつけていたのですけれど、最近はこのブログが読書記録になっています。それはそれで構わないのですが、ふと、読書メーターに登録してみる?と思い立ちまして、そのまま深く考えずに、さくっと登録してしまいました。(そういえば、…

本棚:『木暮荘物語』

木造二階建ての木暮荘。最寄り駅は小田急線の世田谷代田駅。駅に近くて家賃は安いけれど、プライバシーや防犯の面では心配になるボロアパート。この木暮荘に暮らす住人たちと、住人と関りのある人たちの物語です。 木暮荘物語 posted with ヨメレバ 三浦しを…

おひさまと電波時計

単純なもので、平日はそれほど気にならないのですが、せっかくの休日に天気が悪いと、なんとなく どよ~んとした気分になります。これが夏なら、今日は日差しがない分、過ごしやすいわ…なんてなるのでしょうが。 先々週ぐらいのこと。休日になんとなく気分が…

本棚:『婚活食堂4』

今回は、イケメンIT実業家と彼の妻の座を狙う4人の美女が出てくるのですが、さて、どうなることやら…。年や職業の異なる美女たちは、彼の前では気が合う仲良しですが、その実態は。そして、イケメンでお金持ちで性格も悪くなくて、学生の頃からモテモテにも…

本棚:『猫はあくびで未来を描く』

本書は『ねこ新聞』の167号から238号に寄稿された著名人100名ほどの中から選んだ39名のエッセイが載っています。作家の方が多いですが、女優の小林聡美さんや黒木瞳さんのエッセイもあります。ちなみに『ねこ新聞』監修のエッセイ集は、他に『猫は迷探偵』『…

本棚:『田舎の紳士服店のモデルの妻』

かつて、爽やかで健やかで賢くて、一目見て、彼はいい、と思った夫は、うつだと診断され、会社を辞めて田舎へ帰ろうと思うと言った。ずっと東京で暮らしていくものだと思っていたのに。そして、田舎といっても、海や山がすぐそばにあるのでもなく、どこにで…

本棚:『マジカルグランマ』

「マジカル・ニグロ」という言葉をご存知でしょうか。知らなかった私は、この本のタイトルを見て、魔法使いのようになんでもできちゃう おばあちゃんなのかな?なんて勘違いしていましたが、主人公の柏葉正子(74歳)は自分中心的だし、欲が深いし、わがまま…

車を手放して地味によかったこと

来月で車を手放して2年になります。また昨年末にカーシェアリングは退会したので、車なしの生活をしています。といっても、車を持っていたころでも、運転するのは週に1回程度。あまり不便は感じていません。 車を手放して良かったことは、なんといっても金…

本棚:『季節七十二で候。』

1年を15日ごとにわけて季節を表したのが二十四節気ですが、それをさらに5日ごとにわけたものが七十二候だそうで、この七十二候が大田垣晴子さんのイラストと文で綴られています。 季節七十二で候。 posted with ヨメレバ 大田垣晴子 メディアファクトリー …