すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

一度も使わなかったヨーグルトメーカー

ずいぶん前のことになりますが、結婚式の引き出物のカタログギフトでヨーグルトメーカーを選びました。ちょうど少し前に友人がヨーグルトを手作りしているのを知って、いいな~、私もやってみたいな~と思ったからです。

しばらくして注文した品が届きました。さっそく箱から出して、作り方をチェック。でも今すぐ作るには材料がそろっていないので、とりあえず一旦箱に戻しました。

しかし、次にこの箱を開けたのは数年たった後。リサイクルショップへ持っていくために状態確認したときでした。なぜ、ヨーグルトメーカーを使わなかったのか。1つ目の理由は、注文したときから手に入るまで少し時間がたっています。ヨーグルトを手作りするぞ!という熱も冷めつつありました。2つ目の理由は、しばらくは目に入るところに置いていたと思うのですが、そのうち押入れにしまってしまいました。視界に入らなくなったので、そのうち忘れてしまいました。

無駄な出費を抑えるために、欲しい!と思うものがあっても、その場ですぐには買わず、数日おいて、それでも欲しかったら購入する。よく聞きますし、財布の紐は堅いタイプです。でも、カタログギフトとなると、普段の買い物とは違いますし、どうせなら普段は買わないようなものにしようと考えてしまいます。その結果、新しいアイテムを手に入れて満足するケースもあるでしょうし、今回のように使いこなせないものを選んでしまうケースもあります。

その後は、この反省をいかして、本当に欲しいものがあった場合はそれを選びますが、お金を出してまで欲しいか考え、そのようなものがない場合は、食品を選ぶことが多いです。ちなみにちょうど新しいのが欲しかった!と思って選んだものは、包丁と鍋、実用的です。