すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

本棚:『週末15分そうじ術』

鈴木美帆子さんの『伝説の家政婦が自宅で実践!週末15分そうじ術』という本を読みました。著者は株式会社タスカジの共同創業者で、タスカジさん統括マネージャーです。この「タスカジ」は、掃除や料理が好きで家事を仕事にしたい人(=タスカジさん)と家事を依頼したい人が出会えるマッチングサービスだそうです。掃除や料理のほかにも、整理収納や洗濯など幅広い家事を依頼することができるそうです。ためしにタスカジのHPで最寄り駅を入力して、我が家に来てくれるタスカジさんがいるのかチェックしてみたとこと、ちゃんといました。

この本は、タスカジさんの掃除方法から「これだけは外せない!」という点を抜き出し、アレンジした方法です。家を4つのパートに分けて、各15分で完了。各パート15分だけなら、週末に4つのパート全部やらなくても、平日の空き時間にちょっとずつやることもできるかなと思います。

この本を読んで、頑張りすぎないというのが一番大事だなと思いました。あれもこれもと完璧を目指すと、時間も体力も使います。しかも、労力に対して思ったとおりの結果が得られなかったら。。掃除嫌いになってしまいますよね。それよりは、ゆるっとでも 日頃から掃除することが大切だと思いました。また15分バージョンだけでなく、タスカジさんバージョンも、比較として一緒に載っているので、タスカジさんの掃除方法もちょっと分かります。またタスカジさん愛用アイテム集として、タスカジさんたちのおすすめのアイテムも載っています。タスカジさんたちは基本的に各家庭にある掃除用具を使って作業するそうで、いろんな洗剤や道具、掃除機を使っているということになります。業者用の洗剤ではないのに、それでもキレイにしちゃうんだと感心してしまいました。

掃除に「必要なのはやる気20%、掃除しやすい部屋づくり80%」だそうです。私も掃除が面倒だからと、キッチンの三角コーナーや水切りカゴ、浴室の椅子や桶を手放して、汚れにくくなって楽になりました。電気代節約と思って、以前はトイレの便座カバーを使っていましたが、メンテナンスが面倒!と思って撤去し、暖房機能をON(夏場はOFFですが)。さらに今のトイレはタンクレスなので、さらに掃除が楽になりました。ただ、停電の時にちゃんと水が流せるか、少々不安ですが。 

伝説の家政婦が自宅で実践!  週末15分そうじ術

伝説の家政婦が自宅で実践! 週末15分そうじ術