すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

私が片付けに目覚めたきっかけは、ごみの回収日が少なかったからです

以前住んでいた場所では、燃えるごみとプラごみは毎週回収しているものの、それ以外のごみ(缶、ビン、古紙、金属類など)の回収は月に1回だけでした。ある時、引っ越した方の出したごみが、燃えるごみ以外にもあったので、しばらく回収されずに残っていました。それを見て、自分もいつか引っ越す時、こういう状態になってしまうのかなと思いました。そこで、いつ 引っ越しすることになるかはわからないけれど、いつかは引っ越しするはずなので、今のうちから捨てられるものは捨てておこうと決めました。

毎週末、ごみ収集カレンダーを見て、今週は何のごみの回収があるのかをチェック。ビンの回収日であれば、不要なビンを探して捨てる、というのを繰り返しました(このとき頑張って捨てたのが、カルピスのビン)。その結果、徐々に部屋から要らないものが減っていきました。また、まだ使えるものについてはリサイクルショップに持って行きました。継続して要らないものを手放していくことで、片付けが少しずつ身に付いていったように思います。要らないものを捨てて、新しい空気が入るようになったからか、片付けを始めてから約半年後、異動のために引っ越すことになりました。それまで少しずつ片付けていましたので、特に問題なく、ごみを処分できました。

今住んでいるところでは、燃えるごみの回収が週3回、資源ごみや燃えないごみが週に1回で、スプレー缶や乾電池などの有害ごみだけ、月に1回です(粗大ごみは別)。燃えるごみと燃えないごみは、指定のごみ袋を使う必要があります。燃えるごみはよいのですが、燃えないごみはなかなか指定袋にたまらないので、捨てたいのにしばらく放置となってしまいます。さすがに年末に捨てましたが、少量でも捨てやすいシステムだといいなと思います。