すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

リップクリームを使うのをやめました

昨日に続き、やめたものシリーズです。

リップクリームを初めて使ったのは、中学生の頃。自分から欲しいと言ったわけではなく、母が買ってきてくれました。お年頃でしたので、さっそく使い始めました。

ある時、リップクリームをつけている私を見て、父が「必要がないのに、そんなものつけて良くないぞ。」と言い、まったく乙女心が分からないんだから!と思いました。

しかし、たまたまリップクリームをつけ忘れてしまったとき、唇が乾燥しているのに気付きました。もちろん、乾燥するからリップクリームを塗るわけですが、リップクリームを使い始める前は、それほど乾燥したことがありませんでした。父の言葉が頭をよぎります。必要がないのに使っていたのが良くなかったのか。。

そこで、こまめに塗るのはやめて、必要なときだけ使うようにしました。なので、使うのは冬ぐらい。でも、この冬は一度も使っていません。

唇がカサカサになる原因の1つとして、口呼吸があると言われています。口呼吸は色々と弊害がありますので、唇の乾燥とは別に、口呼吸⇒鼻呼吸を意識していた時期があります。日中、起きている間はいいのですが、問題は夜、寝ている間です。無意識なので、どうしようもありません。いびき防止用の口に貼るテープが売られていますが、わざわざ買うのは面倒くさいし、もったいない!(ただのケチ)ので、家にあるもので代用です。そう、セロテープです。(肌への負荷を考えると、マスキングテープをおすすめしたいと思いますが。)なんかモノマネ芸人みたいだなと思いつつ、貼って寝てみました。はじめの数日は、朝起きると、テープは剥がれていて、ばっちり口で呼吸してましたが、しだいに朝起きたときにもテープがしっかりついたまま、口もしっかり閉じたままとなりました。今では、マスキングテープの弱い粘着力でも大丈夫ですし、貼り忘れても、朝起きたときに口は閉じてます。

唇が乾燥する原因は口呼吸に限りませんので、今のところリップクリームを塗らなくても大丈夫な理由がそれなのかは分かりませんが、最近は足し算より引き算が好きです。