すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

服が捨てられない

断捨離は結構好きです。子供の頃は、今日は片付けの日!と気合いを入れて雑誌(マンガ)を処分したり、数年前には、毎日1つずつモノを手放していこう!というのを何度か繰り返しましたが、今は気づいたときに処分すればいいじゃん、と考えています。しかし、実際はというと、要らないものを目にしても、しばらく寝かせてしまって、数日後にようやく処分することが多いです。そんな中でも、要らないと分かっているのに長いこと寝かせてしまうのが、私の場合は服です。小物とか書類の方が、あっさり処分できてしまいます。そもそも、それほど服を持っていないのですが、あまり着るものにこだわりもないのに、なかなか捨てられないのは、きっとお洒落に無頓着なわりには、おしゃれに見られたいという変なコンプレックスがあって、服は持ってたほうが安心するのかなと思っています。だからと言って、全く着ない古い服をずっと持っているのは悪循環です。たとえお洒落じゃなくても、着たい服を着ればよいとも思いますが、そのためにも、着ない服は処分して、好きな服がやってくるためのスペースを作ってあげなければなりません。

ということで重い腰を上げて、1年以上着ていないものを2着処分しました(本当は探せばもっとあるはず)。やはりコンプレックスのためか、恥ずかしいので写真はなしです。大学の研究室で一緒だったキレイなお姉さんは、定期的に服を処分していたようで、一度、もしよかったら着る?と聞かれ、服を処分するときにお邪魔したことがあります。パパッと要るor要らないを判断しており、さすがだなぁと思いました。

最近では、スタイリストさんがコーディネートしてくれるサービスでお手頃のものもあるようなので、そのうち試してみたいな~とゆるく思っています。