すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

掃除機を掃除する

私の職場では、毎週金曜日の昼休み後が掃除の時間です。ここ最近、サイクロン式の掃除機の吸い込みが悪い状態でした。この掃除機は1年ちょっと前に買ったばかりです。床用吸込口の部分を取り外すと、ちゃんとゴミを吸い取れます。ということは怪しいのは床用吸込口のどこか。そのままにしていても仕方ないので、職場のおじさまと2人で掃除機を掃除しました。案の定、吸込口の狭くなった部分に大きな埃がぎゅっと詰まっていました。おそらく、大掃除の時にたまった埃を吸って、詰まってしまったのでしょう。ついでにフィルターも分解して水洗いして、きれいにしました。

そして、実は我が家のサイクロン式掃除機も1年ぐらい前に購入したのですが、一度も掃除機の掃除をしていませんでした。なので、職場での経験を活かして(?)、掃除してみました。取説を見ながら分解してみると、フィルターには恐ろしいほどたくさん埃が詰まっていました。気づかなかったけど、吸引力は落ちてたんだと思います。メンテナンスが大事だなと思いました。

ちなみに、職場の掃除機を一緒に掃除したおじさま。掃除は好きじゃないけど、キレイな状態が好きだそうで、家での年末大掃除の際も、掃除機を分解してきれいにしたそうです。また、お風呂掃除もしっかりなさっているようで、「最近、おふろの排水溝の蓋を外してみたら、掃除がラクになりました!」って言ったら、「それは当然だよ」と言われてしまいました。おふろの排水溝の蓋を外すのは、常識らしいです。

blog.ariri-simple.site

ちなみに、フローリングだからクイックルワイパーで十分!と思っていた私が、再び掃除機を買おうと思ったのは、こちらの本の影響です(以前は掃除機を持っていたのですが、手放していました)。一応、30代なのですが、老前整理とかも興味があります。 

50からの 老いない部屋づくり

50からの 老いない部屋づくり