すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

私の妙なこだわり:ダンボールのたたみ方

f:id:Ariri:20190217140519j:plain
f:id:Ariri:20190217140539j:plain
左:before, 右:after

ダンボールがちょっと溜まっていたので、資源ごみとして出すため、ダンボールをまとめました。自分でも変だと思っているのですが、ダンボールをたたむ時は出来るだけコンパクトにたたむというのが私の小さなこだわりです。ごみに出すものですから、ばらばらにならないようにまとまっていればいいと思うのですが、一種のゲームのような感覚で、ダンボールが大きいほどやりがいを感じます。たいてい、開いてたたむだけではなく、つなぎ目の糊代の部分を剥がして1枚に開き、さらに中央付近のところで破いて2枚に分けます(このため、再度使うことはできません)。写真は今回まとめたものですが、残念ながら(?)小さめのダンボールでしたので、コンパクトにまとめたぞ!という達成感はあまり感じられません。

同じく古紙として資源ごみに出すものに、ミックスペーパー(雑がみ)があります。こちらは、要らなくなったA4サイズの封筒にどんどん入れていきます。以前は、紙袋に入れていたのですが、紙袋だとマチがある分、少ないうちは紙が底にだらんと寝てしまいますし、たくさん入る分、こまめにごみを出さなくてもよいので、たまってから、いざ出そうとしたときに量が多いので、まとめるのがちょっと面倒だなと思っていました。そこで、たまり過ぎずに、そのまま出しやすいもの!ということで落ち着いたのがA4サイズの封筒です。また、住所や氏名などの個人情報が書かれている部分については、個人情報保護スタンプを買おうかと時々思うのですが、今のところは、そこだけ切り取って、シュレッダーにかけて、燃えるごみに捨てています。できるだけ紙ごみは資源ごみで出すように意識しているので、燃えるごみの中身はプラスチックが多いです。このプラスチックごみ、なんとか減らしたいのですけど、よい方法が思いつきません。