すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

整理収納アドバイザー2級認定講座を受けました

先日、整理収納アドバイザー2級認定講座を受講しました。講師は三ツ井さくらさん。講座は10:00~17:00と一日がかりですが、アットホームな雰囲気の中、あっという間でした。私にとっては初めて楽しく学べた資格です。

整理収納アドバイザーという資格を知ったのは、ユーキャンのチラシ。通信教育でも資格が取れますが、講座を受けることにした理由は、

 ・1日で取れるので早い

 ・直接、教えてもらった方が分かりやすい

と思ったからです。実際に受けてみての感想は

 ・お昼休みや休憩中も講師や他の受講生とお話できる

 (演習はグループワークで、楽しく学べました)

というメリットも大きいかなと思います。ちなみに2級では、整理収納アドバイザーとしてお仕事することはできません(1級が必要です)が、学んだことを自分はもちろん、ご家族やお友達にもアドバイスできます。

まずは、目的・ゴールを明確にした上で、使うもの・使わないものを区別して、使用目的や頻度などでグループ分けしていきます(収納は最後です)。使わないものは、人に譲ったり、売ったり、捨てたりすることになりますが、なかなか手放せないものってありますよね。私の場合は、以前は値段が高かったもの(なんとか見切りをつけてリサイクルショップに持っていくと、その買取価格の低さに余計にショックを受けたり)や人からもらったものが、なかなか手放せなかったのですが、高価なものについては勉強代と思って、今後の買い物に生かし(使用頻度を考えるようになりました)、人からもらったものは、気持ちを頂いたと思って、また、モノは使われてこそ価値があると思って、手放せるようになりました。

いろいろ手放してきたと思うのですが、まだ手放せていないものがあります。今回の講座で、捨てられない原因を教えていただきましたが、その中にある「迷信を気にいている」というのがまさに当てはまりました。恥ずかしながら、実家にあるリカちゃん人形です。ぬいぐるみも捨てにくく、できるだけリサイクルショップにもって行きましたが、それでもいくつかはゴミとして処分しました。でも、人の形をしたリカちゃん人形は処分できなかったのです。人形供養すればいいと思いつつ、そのままにしていて、でも頭の片隅にはずっと、どうにかしなくちゃというのがあるのです。でも、ゴミとして捨てても大丈夫だし、お塩でお清めして捨ててもいいし、本当に気になるんだったら人形供養したらいいとアドバイスしていただきました。また、他の受講生の方も、普通に捨てましたよと教えてくださり、そうなんだ!と心がすっきりしました。

ちなみにお守りなどもなかなか神社などに行けずにたまっているという方もいらっしゃるかと思いますが、『みんなのお焚き上げ』というサービスがあることも教えていただきました。 捨てられない原因として、「捨て方が分からない」というのも大きいかなと思います。

整理収納アドバイザー公式テキスト 一番わかりやすい整理入門 第4版

整理収納アドバイザー公式テキスト 一番わかりやすい整理入門 第4版

  • 作者: 澤一良,一般社団法人ハウスキーピング協会
  • 出版社/メーカー: ハウジングエージェンシー
  • 発売日: 2018/04/03
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る