すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

テレビをできるだけ見ないようにしてみる

私にとって、睡眠の優先順位は高いです。睡眠時間の短い友達にお節介しちゃうぐらい睡眠は大事だと思っています。

blog.ariri-simple.site

7時間ぐらいがちょうどよいのだと思っていましたが、最近の研究によると8時間がいいようです。私は、だいたい22時過ぎに就寝⇒5時過ぎに起床なので、だいたい7時間睡眠です。これを8時間睡眠にしようとすると、朝は起きてからメールのチェックやブログの下書きなどしてから、6時に朝食をとるので、その1時間弱をなくして、起床時間を遅らせるのが簡単です。もしくは、会社への出社時刻を遅らせる(始業時間の1時間半ぐらい前に出社しています)という手もありますが、帰りはほとんど残業せずに退社しているので、作業効率を上げないとなりません。これは今すぐに改善するのは難しいです(でも、ここに手をつけないと十分な時間の確保は難しいです)。

となると、就寝時間を早めることを考えましたが、1時間の短縮はかなり難しいです。1時間は無理でも、10分、20分でも早く布団に入れればと思い、削れる時間はないかと考えたところ、夕食時のテレビをやめてみようと思いました。興味のある番組がないときでも、見るものないなと思いながらも、テレビはつけたまま夕飯をとっていました。でも、本当に必要か?と考えると、なくてもいいかもと思えて、試しにテレビを見ないことにしてみました。黙々とご飯を食べて、食事に集中するからか、いつもより満腹感が得られるように思いました。テレビをやめて、夕食時間は10分ぐらい短縮されました。食べ終わった後も、だらだらテレビを見てしまうときもあるので、その場合と比べると、さらに30分ぐらいの短縮になります。

テレビ以外は、だらだらとネットしないように意識して、トータルで確保できた時間は約20分。たった20分、されど20分。もう少し工夫してみたいと思います。ただ、時間は確保できても、睡眠の質が良いかというと、そもそも現状が分かっていないので、アプリとかで計測してみたいと思います。