すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

本棚:『私が変わる、家族が変わる時間術』

ライフオーガナイザー鈴木尚子さんの『私が変わる、家族が変わる時間術』を読みました。片付けの本が好きですが、今私が一番片付けたいものは時間の使い方。ライフオーガナイザーの方の本ですから、時間の超効率化みたいな話ではないだろうと思いました。効率化はもちろん大事だと思いますが、私が求めているのはそれだけじゃないという気がしていたからです。

 

第2章では、著者が実際にやっている工夫が記載されています。第3章は著者が今に至る経緯が書いてあります。この第3章はぜひ読んでいただきたいと思います。

例えば、「周りの女性を見ていても思うのですが、不満やイライラは表現できても、相手に「してほしいこと」や自分の「考えていること」を伝えられていない人が多いように感じます。で、わかってくれないと嘆いている…。」との文章。思い当たる節のある方も多いのではないでしょうか。

また、著者が率いる「スマート・ストレージ」について、スタッフとの関係がはじめのころはギスギスしていたと書いてあります。自分ひとりキリキリ、イライラしており、スタッフに対して物足りなさを感じていたそうです。スタッフの意見に興味はなく、自分が思い描く答えを要求していたとのこと。しかし、病気が発覚して考え方が変わり、スタッフは部下ではなく、仲間になったそうです。「私が相手を信頼してなかっただけじゃないのか。よかれと思ってやっていたことも、実は人の成長を奪っていたんじゃないか、そう思うようになったんです。」と書いてあります。

この本の裏表紙に著者が写っていますが、とても素敵な笑顔です。