すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

車を手放して思ったこと

車を手放してから1ヶ月以上が経ちました。最近は遠出することもめったになく、週末にスーパーへの買出しのために車を使うぐらいだったため、ガソリンの減りも遅かったので、なんとなく車の維持費がそれほどかかっているという感覚が薄れていました。自動車税の支払いの時や車検の時に一気にお金が減るのですが、喉元過ぎれば…という感じで、日頃は実感がなかったのです(保険料は毎月引き落とされていましたが)。一方、カーシェアリングとなると、都度、お金がかかることになるので、車ってお金のかかるものだったんだなぁと今更ながらに思いました。

そして、都度、お金がかかるようになると、車を使う必要性を考えるようになりました。例えば、近くのお店でも売ってるのだけど、ちょっと高いという場合。ちょっと遠いけど安いお店へ車で買いに行けばいいやと思っていましたが、カーシェアリングで車を借りていくとなると、車代の方が高くつく可能性があります。

そういえば、高校の頃の担任が、昔、いい年した大人(高校教師)が数人集まって、通勤手段として自家用車とタクシーでどっちが安いか本気で計算したらしく、その時は、タクシーの方が安くなったと言ってました。前提条件によって変わってくると思うのですが、タクシーでいい勝負ということは、電車やバスは相当安いということになるのか、なんて思いました。

もちろん、車でしか行けないような場所や交通の便が悪い場所、荷物が多い場合などは、車が便利だと思います。また、バスや電車は時刻表に左右されます。車の運転が好きな方もいるでしょうし、何人かで一緒に出かけるのは楽しいと思います。

それでも、車の運転が得意ではない私は、車庫入れの心配と遠出するほど無事に帰ってこれるか気になって落ち着かないので、車を使わずに行けるなら、ちょっとの待ち時間は読書タイムとして、公共交通機関で行きたいなと思いました。あと、車一台に一人だけって、もったいないなぁって思ってしまいます。