すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

情けに報いる

最近、職場の複合機の調子が悪いです。どのように悪いかというと、白黒コピーのときはちょっと筋が入る程度ですが、カラー印刷でははじめの2, 3枚に太くインクの線がついてしまいます。トナーカートリッジなど、どこかが汚れているのだと思うのですが、ついついそのまま放置してしまっています。自分でチェックするなり、メーカーに電話するなり、すればいいだけなのですが。

ふと数年前を思い返してみると、たしか毎月業者さんが来て、どのぐらい使ったかカウンターをチェックしていたと思います。今はシステム上で管理されているので、業者さんが来ることはありません。わざわざ毎月来る手間が省けたわけですから、よいことだと思うのですが、以前はカウンターのチェックの際に軽く掃除をしてくれていたように思います。なので、今回みたいな状況にはなりにくいと思いますし、そういう状況になったとしても、業者さんが来た際に気軽に相談できただろうなと思いました。

そんなことを考えていたら、新入社員研修でどなたの言葉か忘れてしまいましたが、「情報っていう字は、情けに報いるって書くだろ。たまにしか来ない営業の人に大事な情報を教えてあげようと思わないだろ。いつも顔を出してくれてるから、たまには良い情報を教えてあげようって思うだろ。って昔、先輩に言われたんだよ。」という話を思い出しました。複合機の調子が悪いこと自体は、足で稼ぐほどの有益な情報ではないかもしれませんが、すぐに相談できるという状況は大事だなと思います。営業職ではないので、自分の仕事に対してはぴんとこない部分もありますが、少なくとも、誰かから何かを相談されたとき、誠実な対応を心がけたいと思います。もちろん、要望に応えられない場合もあるでしょうが、しっかりした説明は必要でしょうし。

ちなみにわざわざ来なくなったということでは、以前のアパートで電気の契約アンペアを変更するには、日程調整して取替え工事してもらいましたが、今のアパートではスマートメーターなので、電話1本で遠隔操作で変更できて、とても楽でした。