すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

今日もペンギンと。

猫が好きだということは、何度か書いたことがあると思います。実は猫よりも、もっと前から好きな動物がペンギンです。小さい頃のアルバムを見ると、必ずペンギンのぬいぐるみを抱えている時期があります。数ある動物の中からペンギンを選んだというよりは、おそらくペンギンのぬいぐるみがあって、肌触りが良かったので、触っていると安心するから好きになったのではないかなと思います。

ペンギンが好きだったのは、幼い頃の思い出の中のことと思っていたのですが、20歳ぐらいのときに、再びペンギンが好きだなと思うようになりました。きっと水族館などで見て、そういえば昔好きだった(らしい)なぁ、なんて思っているうちに、ペンギンが全然動かなくても、見飽きずにいられることに気づきました。間近で見ると、くちばしのあたりは怖いですが。

ふと自分の周りを見ると、猫好き、もしくはペンギン好きの方が多いように感じます。類は友を呼ぶのかしらと思いましたが、それぞれ人気のある動物だと思うので、それほど珍しいことではなく、好きだから話題にあがって、「私も!」となるのかもしれません。

やりたいことがわからない場合、子供の頃に好きだったものを思い出すといいと聞きますが、確かに子供の頃に好きだったモノ・コトは変わらないかもしれないなと思いました。まだ社会人になったばかりの頃に、水族館で買ったペンギンのぬいぐるみがあります。理想はミニマリスト!と思って、いろいろ手放してきたし、いい年してぬいぐるみを持っているのはどうかなと思ったりもするのですが、まだまだこのぬいぐるみとは離れられそうにありません。でも、一番身近なペンギンといえばSuicaのペンギンでしょうか(イラストだけだけど)。今日もSuicaのペンギンと一緒なのでした。 

【ガラス細工】うちわペンギン

【ガラス細工】うちわペンギン