すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

暑中お見舞い申し上げます

睡眠の優先順位が高い私にとって、冬の布団の中は天国です。一方、夏の寝苦しい夜は苦手です。地元が盆地なので、夏の暑さには慣れているほうかなと、ある時期までは思っていました。中学までは、エアコンのない教室だったので、下敷きをうちわ代わりにして暑さをしのいで、授業を受けていました。しかし、高校にはエアコンがありました。ただ、エアコンの位置が悪くて、私のいる席は寒くて、制服の上からジャージを着ていたほどです。そのため、日中ずっとエアコンの効き過ぎた部屋の中にいたので、暑さへの適応性が下がったように思います。高2ぐらいから、夏になると特に朝の食欲が落ちるというか、ちょっと吐き気もして、ご飯は味噌汁で流し込むという感じでした。

自分の部屋は、エアコンを使うことはめったになく、扇風機が活躍中です。この時期、電車の中など、すごく冷房が効いていると、夏なのにこの温度に慣れてしまっていいのだろうか?と思ってしまいます。私は寒いなぁと思って、カーディガンを羽織ったりするのですが、男性だけでなく、女性もノースリーブなど薄着だったりするので、寒くないのかしら?と驚いてしまいます。熱中症の予防のために、エアコンを適切に使うことは大切だと思うのですが、暑さに慣れるということも大事だと思います。暑さに慣れるためには、朝晩などの涼しい時間に、速く歩く+ゆっくり歩くのを繰り返して、そのあと1時間以内に牛乳を飲む(牛乳がダメな方はヨーグルトなど)といいようで、1週間ぐらいで暑さに慣れるそうです。また、熱中症予防には水分補給も大事ですが、デスクワークの人にとっては、スポーツドリンクは糖分の取りすぎになるので、麦茶で十分だそうです。

ちなみに夏場の食欲不振、朝食時の吐き気は、ここ2, 3年はなくなりました。暑さへ慣れてきたのだといいのですけど。 

スケーター ウォーターポット 冷水筒 ねこっと 1.9L CI19

スケーター ウォーターポット 冷水筒 ねこっと 1.9L CI19