すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

髪を切りました。

ここのところ暑苦しいので、髪を切ることにしました。切る前の髪の長さは、肩より少し長く、日中は髪を1つに結んでいました。それでも、髪の量が多いこともあって、なんとなく重いですし、お風呂に入ったあと、髪を乾かすのにすごく時間がかかります。また、寝る時は髪を結ばないので、首に髪がまとわりついて、なんだか暑苦しかったのです。

今の美容室に通う前は、ときどきバッサリ切っていました。しかし、今の美容室では、たまに短くしたいなぁ~と思っても、「そのぐらいの長さだと、髪がはねますよ。長いほうが、重さで下がるので、楽ですよ」と言われて、結局「伸びた分だけお願いします」となってしまいます。でも、今回は、やっぱり暑い!絶対、短くするぞ!と強く心に決めました。「はねますよ」と言われても、「暑苦しいんです」と訴える作戦です。はねやすいとか、お手入れのことも気にかけてもらえるのは、すごくありがたいのですが。

私の通う美容室には美容師さんが3人いるのですが、うち2人が男性。毎回、指名はしないので、どなたが担当してくれるかは、行ってからのお楽しみ。ここ最近は、男性の美容師さんが続いていました。しかし、今回は女性だったので、なんとなく相談もしやすく、これはチャンス!と思って、短くしてもらうよう、お願いしました。また、自分ではどんな髪型が似合うかわからないので、似合う感じでお願いしますと、こんなアバウトな注文の仕方でいいのかしら?と思いつつも、お願いしました。

「髪は結べる長さの方がいいですか?」と聞かれて、「結べなくていいです」とお願いしましたが、それ以外は、おまかせ。髪の量もだいぶ減らしてもらったので、軽くなりました。また、ヘッドスパもやってもらったので、頭皮もすっきりした気がします。

髪を短くしたのは久々なので、鏡の中の自分にまだ慣れないです。なので、似合ってるかどうかは自分では判断ができないのですが、お盆に帰省したら、母が本音で言ってくれることでしょう。

髪を乾かすのは早くなったし、省エネでいいのではないのかなと思います。