すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

夏のお引っ越し

今のアパートに引っ越したのは3年前の8月でした。大学で一人暮らしをはじめてから、これまで5回ぐらい引っ越しをしたことがあるのですが、いずれも3月か4月でした。このため、初めての夏のお引っ越しです。

当時も断捨離が好きだったので、ある程度は荷物は少なくなっていましたので、ダンボールに詰めるのは、それほど大変ではありませんでした。けっこう計画的に荷造りできたと思います。ただ、部屋が狭かったので、荷造りがはかどるほど、スペースがなくなって困りました。このため、夏の引っ越しで、自分としては、それほど大変ではなかったのですが、やはり引越し業者さんは汗だくで、大変そうでした。時期を選べるのであれば、やはり暑くも寒くもない季節がいいなと思います。ちなみに、3~4月は引越しの繁忙期というのは、すぐ分かるのですが、夏休みも繁忙期のようですので、6月や11月が狙い目でしょうか。

また、今のアパートは私にとっては初めての新築。前のアパートから比べると、築年数は20年ぐらい違ったので、家電ほどではないにしても、家の設備も進化しているんだなぁと感動しました。ただ、アパートの最初の入居者が私。テレビが数日見れなかったり、市役所に行ってもすぐに転入届の手続きができなかったり(お盆中につき、管理会社と連絡つかず)と困りました。たまたま運が悪かっただけで、こういうことはめったにないと思いますが、新築って実績がないってことでもあるんだ、と思ってしまいました。新築にこだわりはないので、次は新築は避けて、また、お盆とかすぐに連絡がつかなそうな時期も避けようと心に誓った、ほろ苦い夏の思い出です。