すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

水筒を持って国内線へ乗ってみました

普段、会社に行くときは水筒を持っていくのですが、泊まりの出張や、日帰りでも飛行機に乗るような時は、ペットボトルを持って行きます。移動の途中に自販機やコンビニで買うのが、一番手軽だと思うのですが、冷たい飲み物だと水滴が気になります。また、冷えてなくても気にならないので、私としては常温のペットボトルがいいのです。そのため、たいてい事前にスーパーやドラッグストアなどで、ペットボトルを買っておきます(自販機やコンビニより安いですし)。

先週、飛行機で行く出張があったのですが、3日前ぐらいに決まった出張で、すっかりペットボトルを用意しておくのを忘れてしまいました。気付いたのは、前日、家に帰ってからです。それからでも近くのドラッグストアに買いに行くことはできたのですが、なんだか面倒くさくなって、国内線なんだし、水筒でいいじゃん!と思って、水筒を持って行くことにしました。

保安検査場では、水筒の中身を聞かれて、蓋を開けて、臭いをチェックされただけです。どうして、これまでペットボトルに執着してたのかなと、今となっては不思議なのですが、わざわざ事前にペットボトルを買っておくのも面倒だし、ゴミも出るので、これからは水筒を持っていくようにしようと思いました。普段、会社に持って行くのは500mlの水筒ですが、今回持っていったのは300mlで、それだとペットボトルとそれほど大きさも変わりません。ペットボトルの場合は、飲み終えたらゴミ箱へ捨てて、荷物が軽くなるというメリットがあると思うのですが、私はちびちび飲むので、ペットボトルを持って行っても、飲みきれずに家まで持って帰ることの方が多く、それだと水筒を持っていくのとあまり変わらないなぁと気づきました。