すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

ついつい値段で選んでしまう

ほぼ毎日食べる納豆。特にこだわりはなく、スーパーに行って、その日一番安いものを買うことが多いです。そして、安いのはたいてい発泡スチロールの容器に入った3個パックのもの。この発泡スチロールの容器のゴミが、ほぼ毎日出るわけですから、気になります。本当は手作りした方がいいのだろうと思ってはいるのですが、そもそも料理が苦手な私には、なかなかハードルが高いです。

発泡スチロールに対して、紙のカップに入った3個入りの納豆。こちらは種類が少ないのもあるでしょうが、お買い得品!みたいに安くなっていることは少なく、すごい高いわけではないけれど、百円ぐらいで価格が安定しています。ゴミを削減したいと言いつつ、ゴミよりも価格を優先してしまっているのは、ちょっと嘘つきじゃないかと思って、紙カップの方を買ってみることにしました。

ふだん、納豆は食べ終わった後、お茶碗などを洗っている間に、納豆の容器に水を張っておいてネバネバを浮かせて、洗い落とし、乾かしてから捨てています。今回、紙カップなので、紙のリサイクルのマークがついています。カップを筒の部分と底を分解して、底の方はビシッと平面にならず、小さいので燃えるゴミにしてしまいましたが、筒の部分は紙ゴミ(資源ごみ)として出すことにしました。まったくゴミが出ないわけではないですが、発泡スチロールの容器に比べると、だいぶゴミが減らせるなと思いました。

納豆に限らず、他の食品や日用品なども、たいてい値段で選んでしまいます。いくらゴミが少なくとも、お値段が高すぎたら無理なのですが、可能な範囲でゴミとなる部分が少ないものを選びたいです。 

納豆小鉢セット

納豆小鉢セット