すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

リフレインで聴いてみる。

先日読んだ齋藤孝さんの『〈貧乏〉のススメ』という本の中で、同じ本を10回ぐらい読む「リフレイン読み」が勧められていました。漫画なら何度も繰り返し読んだことがありますが、普通の活字の本ですと、たいてい1回しか読まず、何度か読んだことがある本でも、私の場合は2, 3回読んだ程度です。また、最近では色々なところに情報があふれていて、簡単に手に入りますから、1つのものをじっくり読むというのも難しいように思います。そして、読書だけではなく、何かを始めようと思った時も、あれもこれもと、いろいろ手を広げて、結局どれも中途半端になっていることが多いかなと思いました。でも、せっかくなので貧乏感性を忘れず、1つのものをじっくりやってみるというのを意識してみようと思いました。

blog.ariri-simple.site

NHKラジオ講座「実践ビジネス英語」を聴いていますが、これはラジオでリアルタイムで聴いているわけではありません。「NHKゴガク」で前週放送分がネットで聴き放題なので、それを利用しています。しかし、聴き放題とはいえ、いつも1回しか聞いていません。そこで最低2回は聴いてみようと決めました。また、2回聴くとしても、ただ聞き流すのではなく、できるだけ集中して聴くようにしてみました。すると、1回目でも集中して聴くと、単語の説明を他の類義語や例文を紹介しているのが参考になるなと思ったり、これまでもったいない使い方をしてたなと思いました。そして、1回目でそれなりに集中して聴いたつもりだったのですが、2回目を聴く時にはすでに結構忘れていて(年のせいもあるかも)、初めて聴くのとあまり変わらない部分も多く、一度聞いただけでわかった気になってたなと思いました。

いつまで続けられるか分かりませんが、できるだけ継続してみようと思います。