すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

ペン立てを片づけてみました

私の片づけのやり方は、いらないものを見つけたら抜いていくという方法です。そのため、服なら服をちゃんと全部出して、使っているものと使っていないものを区別する、ということをしたことがありません。しかしながら、最近、ペン立ての中身がちょっと多くて窮屈で使いにくいかなと思ったので、試しにちゃんと全部出してみて、使うものと使わないものを区別してみようと思いました。ペン立てですから、それほど中身はないので、すぐにできます。

実際にペン立ての中身を全部出してみて、使うものと使わないものに分けてみました。写真の左側が使うもので右側がもう使わないものです。本当は「使っているか?」で判断すると、左側のものがもっと減るのですが、まだ踏ん切りがつかずに残しているものがあります。

f:id:Ariri:20191109112145j:plain

左が使うもの、右がもう使わないもの

こうして見ると、今回手放すことになったのは、ほんのわずかでした。一番目立っていると思われる魚のカッターは友人からのお土産で、10年ぐらい使っています。可愛らしいものが全くなく、なんとも味気ない感じです。そしてペン立てのBeforeとAfterが下の写真です。左側がBefore、右側がAfterです(サイズがあってなくてすみません)。取り除いたものがわずかなので、見た目もそんなに差がないかと思います。それでもちょっとスペースができたので、使いやすくなりました。ちなみにペン立ては、以前雑誌でグラスを使っているのを見て、透明だから中身が見えて使いやすそうだし、なんとなくおしゃれだなと思ったので真似してみました。

f:id:Ariri:20191109112104j:plain
f:id:Ariri:20191109112127j:plain
左:Before、右:After