すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

下を向いてたらもったいない

道で人とすれ違う時、向こうからやってくる人が、自分の知ってる人だとわかってる時には、相手の方を見て、目が合ったら、手を振ったり、会釈したりするのですが、知らない人の場合には、目を合わせないように、視線を下にして、通り過ぎることが多いです。

高校生の頃、駅の近くを歩いていたら、向こうから女の人がやってきました。学校の最寄り駅ではなかったですし、知っている人と会うとしたら、駅の反対側で、ふだん知り合いとすれ違うような場所でもありません。そのため、知らない人だと思って、下を向きつつ、ぶつからないように道のわきに避けました。しかしながら、なぜかその女性も、私が避けた方にきます。もっと避けようとするのですが、さらに近づいてきて、どうしよう…と思っていたら、「ありり(仮名)、全然気づかないんだもん。どんどん下向いちゃうし。」と声を掛けられ、顔をあげてみたら、クラスメイトでした。制服なら見慣れていますが、普段着で、私に比べるとずいぶん大人っぽくて、知らない大人の女性だと思ってました。それ以降、あまり下を向きすぎるのもよくないなと思ってはいるのですが、ついついクセで下を向いてしまいます。

先日、外勤からの帰り、会社の近くの横断歩道で人とすれ違いました。昼間は人通りの少ないところです。会社の近くとはいえ、きっと知らない人だろうなと思ったのですが、たまたま顔を上げて見てみたら、同期でした。お互い目があった時に、ちょっと挨拶を交わすことができました。いつものクセで下を向いたままだったら、気づかずにすれ違っていただろうと思います。もしくは、向こうは気づいて、無視されたと思われたかもしれません。さすがに人をジロジロ見てはいけないと思うのですが、少しだけ視野を広げて周りを見た方が、いいことに出会えるかもしれないなと思いました。