すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

本棚:『ナコさんちの頑張らない家事』

本当に面白かったのですが、ためにもなって、最後のところではちょっとホロリとしました。共働きでお子さん3人。家事に育児に仕事。これは大変だと思います。

 

「片付けは未来の自分を信じない!」というのがあるのですが、例えば、コレはココにしまっておけば、絶対忘れないと思ったものが、いざそれが必要になった時に、なかなか見つからなかったり。たいてい、あきらめて、しばらくした後に、ひょっこり出てくるんですよね。私の場合、ラベル管理はしていないのですが、モノが減ったら、探し物の時間が減りました。この「未来の自分は信じない!」というのは、片付け以外にもあてはまるのではないかと思います。週末に年賀状を仕上げる(といっても印刷サービスを利用したので、一言二言 書く程度の)予定だったのですが、いざ週末になってみると、いつの間にか時間が過ぎ去っていて、全くできませんでした(というか、やりませんでしたが正?)。週末の前には、全然余裕だと思っていたのですが…。こんな感じで、どうも未来の自分は、今の自分よりも時間があって、色々こなせると思ってしまうことがよくあります。でも、よく考えてみれば、いま時間がないのに(しかも何らかの工夫をしているわけでもないのに)、未来には時間があるというのは、ちょっとおかしな話です。むしろ、今より時間がないかもしれないと思って、できるだけ早めに手をつけるのが大事なんだろうなと思います。

3人のお子さんのうち、3人目はまだ赤ちゃんですが、上の2人のお子さんが、お手伝いをしていて、偉いなぁと思いました。コミックエッセイなので、すぐ読めますし、おススメです。