すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

本棚:『電気代500円。贅沢な毎日』

著者は夫と子供2人の4人暮らし。はじめに著者のお宅の電気料金の写真があるのですが、本当に500円前後なのです。契約アンペアは10A。一方、私は一人で20Aで、基本料金だけで500円を超えてしまいます。10Aですから、家電はほとんどないそうで、冷蔵庫も洗濯機もない。そして、電気代が少ないだけでなく、電気・ガス・水道を合わせて5000円程度(都市ガスではなくプロパンガスでこの料金)。一方、自分はどのぐらいかしらと見てみたら、水道が2カ月で5000円ぐらいで、電気と水道は月に2000円ずつぐらい。となると、ひと月に6500円ぐらいということになります。多い方ではないと思う(思いたい)のですが、電気代500円というか、10Aは私にとってはかなり難しいなと思いました。それでも、自分にできることはやっていきたいし、ゴミをなるべく出さないようにしているところを特に見習いたいと思いました。

 

11月は昨年&一昨年より節電でき、トイレの温便座を使わなくしたことによるところが大きいと思うということを以前書きました。もう1つ、使用を極端に減らした電化製品があります。それはドライヤー。お風呂を出てから、就寝までに1時間半ぐらいはあり、自然乾燥でけっこう乾きます。寝る前に、まだ乾いてないなと思う時だけドライヤーを使うのですが、ものの1分ぐらい。それまでは、入浴後すぐにドライヤーをかけていたのですが、5分10分は平気でかかります。その時間を他のことに使えるのも嬉しいです。(髪の長さは肩につくか、つかないかぐらいです。)子供の頃にも、ドライヤーが面倒臭くて、ドライヤーをあまり使っていなかったので、ドライヤーを使わないことに対して抵抗はないのですが、慣れてない方は風邪をひくかもしれませんので、あまりおすすめはできないのですが。。

便利さに頼らず、昔ながらのものや自然をうまく取り入れて生活していくというのは、今ではとても贅沢なことだと思います。本書にもありますが、夜でも外はかなり明るいなと最近思うようになりました。夜、窓から入る外の灯りで、部屋の中に常夜灯はいらないぐらい。停電の時に、夜ってこんなに暗いんだなと気づきました。

無理して、あれもこれも節約、節約!というのは、やめた方がいいと思いますが、最近、節約って楽しいなと思い始めています。お弁当作りは、あいかわらず週に1回ペースですが、買うよりは手間だけど、なんか幸せなのです。