すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

紙の家計簿をやめてみて

小学生の頃のお小遣い帳から、ずっと続いていた紙の家計簿。去年、マネーフォワードを使い始めてから、紙の家計簿はもういいかなと思って、今年に入ってから使っていません。一時期、毎月の収支を計算していた時期もありましたが、ここ最近は、ただ現金の残高確認をしていただけのように思います。とはいえ、この現金の残高がちゃんと合っているかというのは、けっこう気になります。すべてキャッシュレスというわけにもいかず、現金も少しは必要です。ただ、私が知りたいのは残高があっているかどうかだけ(支出の内訳はマネーフォワードでわかるので)。わざわざノートは要らないので、メモ用紙に所持金を書いて、財布に入れました。そして、変動があったとき、メモ用紙に追記していき、紙がいっぱいになったら廃棄して、新しい紙と交換することにしました。これでしばらく続けてみようと思いますが、そのうち面倒臭くなって、「大丈夫、記録しなくても間違いない!」とメモすることもやめてしまうかもしれません。

毎月マイナスにならなければOKという甘い管理ですが(←一応、財形貯蓄で天引きされた後で)、年に1, 2回、預貯金残高はチェックしています。これまでに比べると、車を手放した分、貯金できるはずなんだけどなぁ。