すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

本棚:『ミュージック・ブレス・ユー‼』

主人公のアザミは高校3年生。長身で、髪は赤くて、歯にはカラフルな矯正器。周りと同じようにできないことが多くて、自分は底辺に位置していると思ってる。そんなアザミを生かしているのは、好きな音楽を聴くこと。アザミが周りに対して、かなり気を遣っているのが、なんだかちょっと切なくなります。志望校がなかなか決まらなくても、親は期待していないから怒られることもないのですが、親に期待させてあげられないのを申し訳なく思ったり。私の高校時代もイケてなかったと思うのですが(むしろイケてた時がない)、それでも、もう戻らないあの日々を思い出して、あの時にはわからなかったけど、貴重な時間だったなと思いました。

 

今週末はセンター試験ですね。今と変わらず、あの時もインフルエンザの予防接種は受けていなかったので、当日、インフルエンザや風邪で受験できなかったらどうしようとかなり心配していました。試験会場の入り口のところには、先生とすでに推薦で大学が決まっている同級生が応援に来ていて、励まされるというよりは、私もそっち側にいたいよと思ったり。初詣はいつも年が明けて1週間ぐらいしてから行くのに、その年は、元日に母に連れられて行ったり。きっと試験当日、母は神棚にお祈りしたんだろうなと今にして思います。

高校3年生と言えば、『夜のピクニック』は高校最後の歩行祭が舞台。受験で忙しい時期ではありますが、特別な時期ですね。中学から高校は、地元だったら同じメンバーで大きくは環境が変わらないかもしれないけど、高校卒業後は大きく動いて、この前までいつも一緒にいた友達が隣にいないっていうのは、なんともいえないですね。