すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

本棚:『スープ屋しずくの謎解き朝ごはん まだ見ぬ場所のブイヤベース』

やりたいことがなくても、別にいいのではないでしょうか

世の大半の方々は仕事にしろ趣味にしろ、やりたいと強く願うことが見つからないままのほうが普通だと思います。夢を抱いた上で何かを成し遂げる人は輝いて見えます。ですがそれは特殊事例で、参考にして焦る必要はないように思うのです

 

いきなりですが、本書で心に響いたセリフを書きました。スープ屋しずくの謎解き朝ごはん、シリーズ4作品目です。本書に出てくる人はみんないい人で、読んでる間、私も優しい気持ちになれます。世の中、いい人ばかりではないでしょうが、知らない、わからないから、好意的に受け取れないこともあると思うので、一人で判断せず、周りを知るということも大事かと思います。

主人公の理恵も、本当にいい人だと思います。仕事も手を抜かず一生懸命です。そんな理恵ですが、進路について悩みを抱えます。たくさんの道があること自体は正直羨ましかったですが、道がたくさんあるほど選ぶのは難しいでしょう。自由であればこそ、やりたいことを見つけるのは難しいです。

話は変わりますが、理恵がよく飲んでいるのがルイボスティー。職場のおじさまも「血管の欠陥を修復する」と言ってよく飲んでいますが、好き嫌いが分かれるとのこと。初めて飲んだ時、飲みにくいな、苦手だなと思いました。でも、先日久々に飲んだら、そんなに嫌には思いませんでした。この本の影響なのか、何度か飲んだことがあるので慣れたのか。一方、コーヒーはずっとダメなままです。