すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

人目を気にしないことが増えました

以前、500mlの水筒の塗装が剥げてきたけれど、そのまま使っているということを書きました。だいたい3分の1ぐらいの領域が、ぐるっと1周はがれています。

blog.ariri-simple.site

出張の時は、この剥げた500mlの水筒ではなく、300mlの水筒を持って行くことが多いのですが、先日は500mlの方を持って行きました(出張といっても社内の別の事業所です)。すると、休憩中に「これは模様?それとも剥げてるの?」と聞かれました。剥がれかかってきて、えいやっ!と剥がしてしまったときは、変かな?でも、一部だけでなく、ぐるっと1周なら模様に見えなくもない⁇ と少しは周りの目を気にしていたのですが、最近はまったく頭にありませんでした。

よくよく考えてみれば、いい年した大人が、塗装が剥がれた水筒を使っているって恥ずかしい?その前に、いくら仕事中は着替えるとはいえ、学生の頃とほとんど変わらない服装で通勤しているって問題?本人は自覚がないけれど、確実に年をとっているのに、同じ服を何年も着ているって、年齢と服装とさらに時代も合ってない?などなど、人目を気にしなすぎかもとちょっと反省。その一方で、自分がいいと思ったら、それでいいんじゃない?と開き直る自分もいます。

少し考えた結果、水筒に関しては、塗装が剥がれているぐらいで新しいのに買い替えるのは、私の主義に反するので(ゴミにしたくない)、やはりこのまま使い続けることにしました。