すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

本棚:『おひとり様作家、いよいよ猫を飼う。』

私はただの会社員ですが、このタイトルを見て、他人事とは思えず、手に取りました。いつか猫と一緒に暮らしたいというのがありまして、ずっと室内飼いよりは、好きな時に外へも出れるように、ちょっと地方で一軒家を借りるとか?などと、妄想は膨らみます。

 

約7年分のブログとエッセイが収められているのですが、売れる前のブログがなかなか衝撃的です(猫を飼うのは売れてから)。小説家だけでは食べていけず、派遣やアルバイトもしていたとのことですが、年収は200万円を超えるか超えないか。さらには会社員時代に購入したマンションのローンも抱えています。もちろん固定資産税もかかります。体調を崩しても、国民健康保険料を滞納していて病院にも行けず、自分が死んだら発見されるまでにかなり時間がかかるだろうと。そこで、腐乱死体になる前に発見されてほしいと生存確認用にブログをはじめます。知人、友人もそのブログをのぞきにきているだろうから、なんの予告もなしに、1カ月以上更新がないときは、自分の生存を確認してくれるよう書かれています。

私はただの会社員ですが、会社員であるがゆえ、無断欠勤が続いたら、親へ連絡が行ったり、生存確認などされると思うのですが、ブログってそういう使い方もあるのかと。

さて、著者が飼っているのはブリティッシュショートヘアーの女の子。ペットショップで、子猫たち数匹からちょっかいをだされて、イジメられていたのが「マリモ」さん。私が助けてあげなくちゃ、とその場で衝動買い。ブログを見ると、もう本当にマリモさんにメロメロです。猫ってやっぱりずるいです。