すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

トイレの夢

大人になってからも、たまに見るトイレに行きたいけど行けない夢。先日も、トイレに行きたいんだけど…という夢を見ました。私の場合は、現実世界でトイレに行きたいわけですが。

子どもの頃は、夢の中でトイレに行って、おねしょしてしまったわけですが、いつの間にか、夢の中ではトイレにたどり着けなくなりました。正確には、トイレには行けるのですけど、なぜか個室になってなくて、仕切りもないので、ここは無理!と他のところを探す途中に目が覚めたり。やっとトイレにたどり着いたと思ったら、トイレがトイレじゃなかったり。おかげで、おねしょしないわけですけど、面白いなぁとも思います。しかし、夢占いによると、トイレに行けない夢はあまりいい夢ではないようですね…。自分のことを大切に、リラックスした方がいいようで…。でも、私の場合は、本当にトイレに行きたいだけのような気もしますが。

トイレと言えばトイレットペーパー。たいていの日用品は、1日ぐらいなくても大丈夫だと思っていますが、トイレットペーパーだけは在庫がないと困ります。そして、そろそろ買いに行かないとなぁと思う時、オイルショックの時に主婦たちがトイレットペーパーを買い求めていた映像を思い出します。また、以前読んだ片づけの本の中にあった、家中のあらゆる収納にトイレットペーパーがあったというお宅の話を思い出したり。これは、奥さんがお気に入りのトイレットペーパーがあるのですが、いつでもどこでも売っているわけではないため、見つけた時に買うようにしていたところ、そのようになってしまったとのこと。確かにトイレットペーパーは必需品なのだけれども、過剰に持ちすぎるのもどうかなと思います。腐るものではないけれど、必要な時に必要なだけ買うのがいいのではないかと思います。トイレの夢の話からそれましたが。