すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

童心にかえって縁石の上を歩いてみる

活動量計のついた腕時計を再び付け始めて一週間ぐらい経ちました。だからと言って運動量が増えたわけもなく、ただ付けているだけの状態ですが、気になったことがあります。デスクワークなので、通勤時に駅と会社の間は、会社のバスは利用せず、歩くようにして、また昼休みに歩いて、ようやく1万歩といったところ。時間ごとのグラフを見ると、当然ではありますが、通勤時と昼休みだけ、棒グラフの棒が突出していて、他の時間帯はずっと短い棒のまま。まったく動かないよりはマシかと思うのですが、全然動いていない時間が長いのはどうなんだろうと気になりました。デスクワークなので、やむ得ないとも思うのですが、それでも底上げが必要なのではと思いました。トイレに行くついでにちょっと散歩してみるとか、階段を使って別の階のトイレに行くとかしようかなと考え中です。

そして、平日はデスクワークなので仕方ないとしても、休日も結構、グラフが似たような感じなのです。買い物や散歩に行った時間だけ棒グラフが伸びていて、その他は低いまま。どうしようかなと考えながらの散歩中のこと、縁石を見て、子供ってこういうところ歩きたがるよね、大人は普通こういうところは歩かないけど、平均台で平衡感覚を養うみたいなものだよね、と思ったら、急に歩いてみたくなって、やってみました。ちょうど車が滅多に通らないし、車が来てもすぐに気づく場所で、他に人もいなかったので、これ幸いと思って。ただ歩くよりは、なんか違う感じで、子供の頃を思い出しつつも新鮮でした。これからも、あの場所では縁石を歩こうと目論んでいます。