すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

本棚:『珈琲店タレーランの事件簿4 ブレイクは5種類のフレーバーで』

シリーズ4作品目。これまでと違って、主人公の視点が異なる番外編、スピンオフといった感じでしょうか。個人的に珈琲店タレーランバリスタである美星と常連客のアオヤマの関係(の進展)が気になる私は、そこんところはどうなったのかな…と気になります。でも、本作品からでも、いい雰囲気であることは分かります。

 

この本に収録されている「パリェッタの恋」にはやられました。何がやられたかというと、小説であるがゆえ、文字のみで構成されているゆえ、途中まで騙されていたということ。映像だったらそうはならないんだろうな、もしくは、工夫が必要だろうなと思います。こういう作品に出会うと、あゝ!とやられながらも、ニヤリとしてしまいます。

ところで、コーヒーに関する蘊蓄もたくさん含まれている本シリーズですが、私自身はコーヒーは苦手で、もっぱら緑茶か紅茶。わが家にコーヒーは一切なく、代わりにお茶しかないのですが、ちょっと過剰かなと思っていたストックがようやく減ってきました。それでも、まだあと2週間ぐらいは、新たに購入しなくてよさそう。お茶なので賞味期限は長い方だと思うのですが、やはり必要な時に必要なだけ購入するのが無駄が少ないのではないかと思います。本の感想からだいぶ外れました…。