すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

本棚:『「無印良品」で覚える収納のコツ』

私自身は無印良品の商品をあまり使っていないのですが、無印良品に関する本を読めば読むほど、知れば知るほど、良さがわかってきて、だんだん好きになってきました。やはり、シンプルなデザインとモジュールの統一が素晴らしいと思います。私は賃貸暮らしなので、新しく家具を取り付けるというのは難しいですが、無印良品の壁に付けられる家具(フックやミラー、棚、箱など)は賃貸住宅でも使えるそうなので、すごくいいと思います。

実践編として、定番からアレンジまで、無印良品の収納グッズを使ったアイデアが紹介されています。その中で、私にとって一番、目から鱗だったのが、お弁当箱用のシリコーンカップを小物入れに使うというもの。スクエア小皿を腕時計の指定席として使ったり、コップをペン立てなどに使ったり、本来の用途とは違う使い方をしているものもあるのですが、シリコーンカップは盲点でした。シリコーンカップなら、カラフルなものも多いので、アクセントにもなりそうですね。

ちなみに本来の用途とは違う使い方をしているもので、私のお気に入りは、友人からもらった小さいビーカーとシャーレ。どちらも、小さいというのがポイントで、その可愛さにキュンキュンします。ビーカーはピンセットとツボ押しグッズを入れ、シャーレはクリップを入れています。同じ収納グッズでも、どのように使うかは人それぞれで、本来の用途にこだわらず、自分の好きなように使えたらいいなと思います。

そろそろ引っ越しシーズンですが、今のところ引っ越しの予定はなし。それでも、いつでも引っ越しできる部屋!が理想なので、もっと減らせるものはないかしら…と、快適に暮らすということから意識がずれ気味です。