すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

本棚:『さわやか夏時間の過ごし方』

著者は鳥取県在住のイラストレーター&元書店員(本書の時点では現役書店員)の岩上喜実さん。夏の過ごし方はもちろん、鳥取のおすすめグルメやお土産、観光地なども紹介されています。

私は、暑い夏はどうも苦手なのですが、夏が終わりに近づき、だんだん夕暮れが早くなってくる頃には、もう夏が終わっちゃうと夏を恋しく思うわがままです。本書を読んで、夏も過ごし方によって楽しくできるかもしれないなと思いました。また、著者が鳥取のおすすめを紹介しているように、自分が住んでいるところをもっとちゃんと知っておきたいなと思いました。

以前は暑中お見舞いを書くのも楽しみだったし、小学生の頃はきれいな包装紙があると、その包装紙で封筒を作るのが好きだったことを思い出しました。また、山口県に住んでいた時に、新入社員の女の子が月に2回ぐらいのペースで、近くの観光名所に行っていたことも思い出しました。彼女は、ご当地グルメ日帰り温泉を楽しんでいたようです。その観光地、住んでいたところからだと、デパートなどのお店がいっぱいあるところに行くよりも近かったのです。デパートでも地域によって違いはあるかと思いますが、観光名所の方が土地柄が出ていると思いますので、そこを味わわないのはもったいなかったなと思いました。高級旅館などに泊まるとなると、それなりのお値段がかかりますが、日帰り温泉なら、気軽に楽しめそうですし。また、観光名所じゃなくても、ちょっと近所から足を延ばしてみれば、素敵な場所が見つかるかもしれません。 

さわやか夏時間の過ごし方

さわやか夏時間の過ごし方