すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

一番隊組長

電車の中の広告で『燃えよ剣』の映画が公開されると知って、原作を以前読んだなぁと懐かしく思いました。

このブログの中で何度か書いておりますが、子どもの頃から、社会科は苦手。歴史も地理も全然ダメです。しかし、私の周りは歴史好きが結構いまして、その一人が地元の親友。そして、彼女の好きな歴史上の人物が新選組土方歳三。私が仙台に住んでいたころに、遊びに来てくれて、山梨に一緒に戻るときに会津に寄りました。そして、春休みに一緒に京都に行くことになった時、別の友人が、きっと新選組にゆかりのあるところに行くだろうから、これを読んで予習したらと貸してくれたのが、司馬遼太郎の『燃えよ剣』。歴史が苦手な私は、時代小説を読んだことがなく、しかもそこそこのページ数ですから、読み切れるかと心配でしたが、読んだら面白くて。その後、『新選組血風録』も貸してもらって読みました。

友人が好きなのは土方歳三ですが、その2冊を読んで私が好きになったのは、タイトルにあるように沖田総司。一緒にいった京都で自分へのお土産として買ったのは「一番隊組長」と書かれたキーホルダー。原付のカギにつけていたのですが、知らない人から見たら、何これ?って感じでしょうから、点検でバイク屋さんに預けるときなんかは、ちょっと恥ずかしかったです。今となっては懐かしい思い出です。

映画は長いこと見てないですし、時代小説もその後まったく読んでいないし、たまにはいつもと違うジャンルも味わわないともったいないですね。