すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

年に2回の懐事情チェック

会社の財形貯蓄を利用していまして、3月末と9月末に残高のお知らせが来ます。そこで、このタイミングで他の口座の残高もチェックするようにしています(けっこう忘れることも多いのですが)。確認するのは、前回に対するトータルでの増減。ここ数年、特に大きな出費はないので、基本的にはプラスになります。

そして、もう1つ、意識せずともやってしまうのが、ざっくりとした計算ですが、会社を辞めて無収入になった場合、何年間 生きられるかということ。この計算のためには、1カ月もしくは1年間、最低いくらあれば生活できるのか、という前提条件が必要になります。紙の家計簿だったころは、ちゃんと収支を計算していなかったので、毎月どのぐらいお金を使っているのか把握できていませんでしたが、マネーフォワードにしてからは、グラフで一目瞭然です。

また、『なるべく働きたくない人のためのお金の話』や『おひとり様作家、いよいよ猫を飼う』を読んで、生活していくのに必要なお金って、そんなに多くはないんだと思うようになりました。そのため、以前は必要最低限の金額を多めに見積もっていましたが、その金額が下がった分、総資産はたいして変わらないけど、生存可能年数が増えました。

とはいえ、何があるか分かりませんから、あまりあてにはならない計算かと思いますが、生存可能年数が伸びるたび、心にちょっとゆとりができます。

blog.ariri-simple.site

blog.ariri-simple.site