すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

本棚:『1日が見えてラクになる!時間整理術!』

昨日に続き、池田暁子さんの人生立て直しシリーズです。

今はテレワーク中ですけど、ふだんは仕事は会社で行って、家で仕事するのはごくたまにですから、仕事とプライベートの線引きは簡単な方だと思います。一方、フリーランスの方は、自分で管理しなければならないので、時間の使い方を工夫されているのではないかと思います。

会社員なので、仕事と家事の時間がごっちゃになるということはないですが、本書を読んで共感したのが、忘れてて二度手間になることによる時間のムダや、テレビをだらだら見てしまうことなど。テレビは以前よりは見なくなったと思いますが、それでも平日は朝と夜に1時間ずつぐらいは見ているし、休日はさらに1~2時間プラス。なかなかテレビから卒業できません。一方、うっかり忘れるということは、年々増えていまして、記憶力がない!と実感した数年前はそれなりにショックでした。しかし、ショックを受けていても仕方ないので、自分の記憶力はあてにならないという前提のもとで行動するように変えました。「あとでやろう」は、かなりハードルが高いので、すぐにできる場合はやってしまって、そうでない場合は、目につくところにメモしています。また、記憶力低下の対応策として、片づけも大事だなぁと思っています。モノが減った分、自分が持っているものを把握できるようになり、在庫管理が楽になりました。

また、今日はこれをやろう!と思っていたのに、全然できなかった(正しくは、全然やらなかった)…ということはよくありますが、「やる気はやる前に起きない」と知ってからは、とりあえず5分だけでも、と手を付けるように意識しています(はい、意識だけはしています)。