すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

本棚:『良いかげんごはん』

たかぎなおこさんのコミックエッセイです。以前読んだ『150cmライフ。』では、身長152cmの私は勝手に親近感を抱いておりましたが、本書のはじめに好きな食べ物で真っ先に書かれているのが「まぐろのお刺し身」でして、またまた親近感を抱いた次第です。とはいえ、料理が苦手で、食に対する執着も少ない私は、料理は良いかげんどころか…。

良いかげんごはん

良いかげんごはん

 

 

季節ごとの良いかげんごはんが紹介されているのですが、私が夏に好きなのは冷ややっこ!そして好きな薬味はみょうが(これも著者と一緒!)。著者が花屋でみょうがの苗を見つけて育てている話があって、いいなぁ~と真似したくなりました。それから、夏といえば、実家に帰ると、父が家庭菜園で育てた野菜が食卓にならび、トマトはスライスして塩をかけただけのが好きです。あぁ、想像してたら、夏が待ち遠しくなりました。

ところどころ写真もあって、食欲をそそられます。とくに、ごはんの友として海苔とかオクラ納豆とかイクラとか、たまりません。やっぱり私はご飯が好きなんだなぁと思いました。

著者が風邪をひいたときに必ず買うのが「うどん」で、しかもアルミ鍋のものだそうです。たしかに便利だし、具合の悪い時にも麺類なら食べやすそうです。今度、風邪を引いたときに買ってみようかなと思いました。とはいえ、よく考えてみたら、風邪気味かな?と思うことはあっても、本格的に風邪をひいたとか、熱が出たということは、ここ数年ありません。風邪を引くのを待っていたら、いつになるか分からないので、食べたくなった時に食べようと思います。

季節ごとに好きな食べ物があると、四季の移ろいは楽しいですね。

blog.ariri-simple.site