すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

本棚:『ママは習い事がお好き』

青沼貴子さんのコミックエッセイです。子どもたちが大きくなり、自分の時間ができたので何か習い事をしようと思い立ち、編集者さんと一日体験教室へ。本書では、体験した中で特におススメしたい習い事を紹介しているそうです。絵手紙や陶芸は昔からあるように思いますが、ハンモックヨガや元大使館シェフの英語クッキング、チョークアートに自分で作る自然派化粧品など、そんなのもあるのかぁ~と興味津々。

私自身は、子どもの頃は、習字と日本舞踊を習っていたものの、引っ越しのために全然習得せずに終了。引っ越し後は、そろばんと近所の英語教室。大人になってからは、ピアノと英会話で、今は何もやっていませんが、ピアノが一番長かったでしょうか。以前、友人と乗馬の体験レッスンを受けに行って楽しかったですが、もともと、一度体験してみたかった程度の軽い気持ちで、ちょっと遠いし、お値段もそれなりにするので、入会はしませんでした。

以前、英会話教室で講師の先生に、日本人は学ぶ(教わる)のが好きだと言われたのを思い出しました。本を買ったり、教室に通ったりするけど、間違ってもいいから、どんどんやってみて、そしたら、そのうちできるようになってるよ、と。

習うより慣れろとは言うけれど、教えてもらった方が早いのも事実。ちなみに本書では「東京すしアカデミー」にも行っていて、中国からの生徒さんが「学校で教えてもらったほうが効率いいですから」と言っています。

今はとくに習い事をやりたいなと思ってはいないのですが、そのうちまた、何かやりたくなるかもしれません。そうえいば、体験教室でもう1つ、パン教室に行ってました。講師の先生はもともと会社員だったけど、パン作りにはまって転職したとおっしゃってました。そういうのもいいですよね。