すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

クリーニング店のハンガーを受け取りの際、そのまま返却してみました

連休中に冬物をクリーニングに出しました。その際、余分なハンガーを持って行ったのですが、違うお店のハンガーだと受け取ってもらえないので、入れ替えたりして、受け取ってもらえそうなものをピックアップ。その時、毎回どのハンガーが回収してもらえるか選別するのは面倒だな~と思って、それなら、受け取ったときに、その場で返却しちゃえばいいじゃん!と思いました。私の好きな片づけ本に出てくる素敵なお宅では、ハンガーをお気に入りのもので統一している場合が多いです。そういう方のお宅では、クリーニング店のハンガーはどうしてるんだろう?と気になります。モノを増やさないためには、まず必要ないものを家の中に入れないことが大事だというから、受け取らないのかなぁ?と勝手に想像して、クリーニングが仕上がって受け取るとき、実行してみようと決意しました。

先日、クリーニング店に受け取りに行ったのですが、「ハンガーはその場で返却!」と自分に言い聞かせて、いざ入店。コートとダウンについていたハンガーを要りませんと意を決して伝えたところ、あっさり対応してくださいました。そして家に帰って、もともとあったハンガーへ。これなら、毎回ハンガーを一緒に持って行かなくていいわ!と嬉しくなりました。

また1つ大人の階段を上ったぞと嬉しくなったのですが、みなさんはクリーニング店のハンガーをどうされているのでしょうか?実家のクローゼットの中はクリーニング店のハンガーばかりで、そういうものだと思って育ちました。とはいえ、衣類はできるだけ自分でお手入れできるのが一番だとは思うのですが。