すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

食品ロスを減らそう

ついこの間の「実践ビジネス英語」のビニェットは「Reducing Food Waste(食品ロスを減らす)」というものだったので、とても興味深く聴きました。アメリカの場合は、レストランでの盛り付け量が非常に多いことや、食品を買いすぎたり、料理を作りすぎたりすることが、食品ロスの主な理由だそうです。一方、日本の場合は、消費期限が切れて、スーパーやコンビニから返品されたものが多いそうです。また、家庭でも期限が切れたものは捨てます。

子供の頃のことはよく覚えてませんが、テレビで昔は「製造年月日」の表示で、期限は表示していなかったとあって、確かに牛乳とか、見た目や臭いでまだ大丈夫か判断してたように思います。一方、期限が書いてあると、自分の嗅覚よりも、その日付で判断してしまいそうです。賞味期限と消費期限は違うこと、賞味期限は安全係数がかかっていることを知っていますから、賞味期限はちょっとぐらい過ぎても大丈夫だと思っていますが、知らないとそのまま捨ててしまうかもしれません。

以前、友人から、あえて期限が近いものを買うと聞いて、見習いたいなと思いつつ、実行できていません。最近、セブンイレブンでは、エシカルプロジェクトとして、消費期限が近い商品にシールがついていて、その商品をnanacoで買うと5%分のポイントがつくようです。すぐ食べるものだったら、消費期限が近くても構わないですし、しくみ作りは大切だなと思います。

そして、まず簡単にできることは、やはり食べきれない量を買わないことだと思います。 

京都大和 たためるランチBOXボックス

京都大和 たためるランチBOXボックス

  • メディア: ホーム&キッチン