すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

久々の車の運転にドッキドキ

去年の3月に車を手放して、それ以降はカーシェアリングを月2回ぐらい利用していたのですが、夏に近所にスーパーができてからは、カーシェアリングを利用する頻度がめっきり下がっていました。それほど車を運転する必要がないのなら、そもそもカーシェアリングをやめてしまえばよいのではないかと思われるかもしれません。しかし、いざという時のために、いつでも運転できる状態を確保しておきたいのです。というのも、実家は車がないと生活できない田舎にあるので、いざという時は必ず来ると思っています。そして、どんくさい私は、ある程度、慣れておかないと、そのいざという時に運転できないと思うのです。

そんな中での外出自粛。どうしても車で行かなきゃいけないところもないし…と、おそらく2月ぐらいからずっと運転せずに、基本料金だけを支払っている状態でした。そろそろ運転しないと、再びペーパードライバーに戻ってしまいそうだし、乗っても乗らなくても、基本料金分(1時間分に相当)はかかるわけだし…。でも、緊急事態宣言が解除されて初の週末だから、人出が多いかも…。今週はやめて、来週にしようかな…。などと 乗る or 乗らないで、だいぶ悩みましたが、5月31日の日曜日、久々に車を運転しました。

車を借りるには、まず予約です。今回の目的は、あくまで車を運転すること。どこかへ行くことが目的ではありません。できるだけ、人通りの少なくて、見通しがよくて危なくない時間帯と言えば、午前の早い時間です。相変わらず、ひとりサマータイム継続中で、土日も大体5時台には起きているので、朝早い分には大丈夫です。そこで、7時からやっているスーパー(片道5km)へ行くことに。とはいえ、まぁ8時出発として、前日の土曜に予約しようとしたら、いつも乗っている車はすでに予約が入っていました。久々の運転に初めての車は心配でしたが、無理そうだったら、ちょっと運転するだけでもいいやと考えて予約完了。

日曜日の朝、ご飯を食べて、近所を散歩して戻ってきても、まだ8時までちょっと時間がありました。この待ち時間、苦手です。そこで、予約時間を早めようと思って、予約ページを見てみると、いつも乗っている車の予約がなくなって、空きとなっていました。そこで、予約時間を15分早めるとともに、いつもの車へ変更。そして、ステーション(駐車場)まで、徒歩5分もかからないのに、10分ぐらいまえに家を出るという初々しさ。

とりあえず、道路を運転するのはいいのですけど、難関は駐車場に戻ってきての車庫入れです。なので、いつも一番嫌なのが最後に残るのです。とはいえ、カーシェアリングの車はどれもバックモニターが付いているので、楽だとは思います。早い時間なので、他に人もいなかったので、美しくない車庫入れでしたが、返却して一安心。

今回、借りた時間は33分間(車庫入れが早ければ、30分きった?)。ほんのちょっと運転しただけだけど、無事に安全運転できてよかったです。