すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

理想はゼロ・ウェイスト

5月の終わり頃のある日。5月30日は「ごみゼロの日」だなぁと思って、「ごみゼロ」でググっていました。「脱プラ生活」に関するものがいくつか見つかりましたが、私としては、すぐにゴミとなってしまうプラスチックの使い方はちょっと…と思いますが、プラスチックにはプラスチックの良さがあると思うので、プラスチック製品を全く使わない脱プラ生活をしようとは今のところ思っていません。ブログのタイトルにもしているように、ゴミをできるだけ出さないのが私の理想です。そんな中で見つけたのが『ゼロ・ウェイスト・ホーム』という本。ごみを減らしたいなぁと以前から思っていて、図書館でそういう本がないかと探したのですが、節電や省エネはあっても、ごみを減らすことについて書かれた本はなかなか見つからず。ペットボトルでおもちゃ作りみたいなものはありますが、毎回、ペットボトルでおもちゃを作るわけにもいかないし、そもそも、ペットボトルじゃなくて水筒でしょ?と思うし。そんな中、ようやく私が求めていた本が見つかった!と思ったのです。

『ゼロ・ウェイスト・ホーム』はKindleにはなっておらず、図書館にあるか検索してみると、市内の図書館のいつも利用しているところとは別の分館にありました。貸出中だったので、この本に興味を持ってる人が他にもいるんだ!と嬉しくなりつつ、早速、予約。先日、借りることができて、今、読んでいるところです。

カリフォルニア在住の4人家族なのですが、1年間で出したごみは小さな瓶におさまる程度。食品は量り売りのものを購入するか手作りがほとんどです。日本でも量り売りをしているお店は探せばあると思うのですが、歩いて行ける距離にスーパーがあるのに、わざわざ車を使って遠くまで買いに行くのはナンセンスだと思うので、できることから、スモールステップでできたらいいなと思います。また、気付いてないだけで見過ごしている部分はけっこうあるかもしれないなと思ったので、今度、買い物に行くときに意識してみようと思いました。

本書を読んで、すでにやってる部分もあることにも気づいて、ちょっと嬉しくなったので、私のゼロ・ウェイストに向けた取り組みをご紹介(すでにこれまでに記載したものですが)。

・郵便受けに「チラシ投函お断り」:貼るだけですが、けっこう効果があります。チラシが投函されることは、ほとんどなくなったので、おすすめです。

マイバッグ&水筒:これは定番でしょうか。

・ベビーマグちゃん:300回ぐらい繰り返し使える衣類用洗剤です。

・カタログ情報誌の送付を断る

NHKラジオ講座のテキストを電子版へ

・よく使う電池式の電気製品に充電式電池:非常時(特に停電)のために普通の電池も常備しておいた方がいいです。

・車を手放す:週に1回ぐらいしか使っていなかったので、カーシェアリングへ。近所にスーパーができたので、今は月に1回利用する程度に。

最近の小さなごみ削減は、お弁当と一緒に持っていってるおにぎりを包んでいたラップ。お弁当箱が小さいのか、詰め方があまいのか、お弁当箱に入るだけのご飯とおかずだと足りないので、お弁当箱にはおかずのみで、ご飯はおにぎりにして持って行ってたのですが、包んでいたラップのごみが気になってました。なので、ご飯はタッパーに入れて持って行くことに。なんでおにぎりにこだわっていたんだろう、私。

ちなみに、「ごみゼロ」でググっている中で、長傘用の傘ケースがあると知り、欲しくなりました(出張などの時のために折りたたみ用のも欲しい!)。