すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

本棚:『漫画 バビロン大富豪の教え』

本書は1926年にアメリカで出版された『The Richest Man In Babylon(バビロンいちの大金持ち)』を翻訳、脚本、漫画化したものです。

黄金に愛される七つ道具のうち、一番はじめに書かれているのが「収入の十分の一を貯金せよ」というもの。先日読んだ『"一週間サイフ"で楽々お金が貯まる』の中でも、黒字家計の黄金比率として、貯金は15~20%ぐらいだったと思います。なので、1~2割が理想なんだなあと思いました。また、参考・引用文献の中に『難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!』も含まれており、途中、あっこれ知ってる!と思ったところがあったのに納得。選ぶ本が似ているだけかもしれないけれど、いくつかの別の本で似たようなことを言われていると、私にとって大事なことなんじゃないか(お告げ?)と思っています。

「お金持ちになりたければお金持ちが実践していることを聞き、自分も実践する」

お金持ちに限らず、なりたいものがあるならば、それを成し遂げている人に話を聞き、真似をする。当たり前といえば当たり前だけど、なかなかできません。知識として知っているのと、実際に行動に移すのとでは大きな差があります。それでも、何度も繰り返し聞けば、やってみようかなという気になるかもしれません。自分には無理だ、なれないと決めつけないで、まずは知ろうとすることが第一歩かもしれません。