すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

本棚:『日本一カンタンな「投資」と「お金」の本』

投資の目的は、企業の成長を株主の立場で応援し、その果実を自分も得ることです。企業が成長するには、新しい事業や商品を生み出していく必要があるため少なくとも数年単位の時間がかかるでしょう。おのずと投資の期間は中長期(5年以上)が適当、ということになります

本書のはじめに、著者があるネット証券に積み立て投資をしている投資家の平均積み立て期間を調べてもらったところ、”積み立て投資の継続期間は2~4年間”だったそうです。すなわち、当初は10年、20年ぐらい継続して積み立て投資をしようとしていた人の多くが、数年間でやめてしまっているとのことです。そこで、本書では、どうして長期投資が難しいのか、そして、それを回避するためには何が必要かが書かれています。

 

以前の記事でも書いたとおり、つい最近、NISAで投資デビューをしました。そして、毎週末、どうなってるかな?と、ネット証券のサイトにログインして、チェックしています。長期で積み立てていくのが大事だから、ほったらかしておけばいいと頭では思っていても、株価の変動に一喜一憂…とまではいかなくとも、なんとなく気になってしまいます。まだまだ始めたばかりで不安なこのタイミングで、長期投資についての理解が深まって良かったと思います。