すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

かつて住んだことのある街を歩く

スマホを使い始めた頃、便利だなとよく思ったのが、電車の乗り換えと地図をすぐに調べられること。以前は、出張などに行く時は、事前に地図や路線検索の結果をプリントアウトして持って行っていましたが、今はその場ですぐに検索できるので、印刷した紙もいらないし、本当に便利だなと思います。また、スマホ以前は、引っ越しのたびに、新しく暮らす町の地図を買っていました。

ところで、ふとしたときに、大学生の頃にはじめて一人暮らしをした時に住んでいたアパートが今もあるのかな?と気になることがあります。ふだんは、気になっても、すぐに別のことに意識がいってしまうので、そのままですが、「そうだ、Googleマップストリートビューで見てみよう!」と思い立ちました。

大学生の頃、一度も引っ越しせずに住み続けた場所。私にとって、はじめての自分の城(?)。いまだに住所を覚えていますので、すぐに見つかりました。画面に映った写真は、間違いなく、かつて住んだ、あのアパート。ついでにアパートの周りも見てみれば、あの頃とほとんど変わっていませんでした。

せっかくなので、ついでに実家も見てみることに。ポツンと一軒家ではないけれど、そこそこ(いや、かなり…)田舎なのに、ちゃんとストリートビューの画像がありました。

かつて住んだことのある街をいつか再び訪れて、変わったかどうか見てみたいと思っていたけれど、あっという間にそれが叶ってしまって、いいような、楽しみが減ってしまったような、なんともいえません。