すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

本棚:『お金は銀行に預けるな』

「金融は難しいもの」「金融は怖いもの」「金融は特殊なもの」「金融は自分には関係ないもの」という思い込みは捨ててください。そして、「金融はお金儲けのためだけにあるのではなく、私たちの生活を支え、社会をよりよくするための基盤なのだ」という観点から金融活動に興味を持ち、リスク管理された適切な投資を行ってみてください。

まだまだ初歩の初歩の知識しか持ち合わせていませんが、何冊かの本を読んで、投資に対するイメージはだいぶ変わりました。本書では、金融商品別の説明もあり、とても参考になりました。ようやくインデックス投信を始めましたが、社会責任投資としてSRIファンドというものがあると知り、こちらにも興味を持ちました。環境問題への取り組みを行っている企業を応援したいなと思っていますが、その商品を買うだけでなく、投資するという形での応援もあるんだなと。

本書の中で「へぇ~そうなんだ」と思ったのが電車広告について。費用対効果がはかりにくいため、比較的宣伝費に余裕のある企業によって行われているそうなのですが、中吊り以外のドアの上にあるような広告は長期契約が必要だそう。CMにお金をかけているメーカーの商品はあまり買いたいと思わないのですが、電車広告はあまり気にしていませんでした。でも、たしかに電車広告でよく見るのは、だいたい決まっているなと。どんな企業が広告を出しているか(←距離を置かせていただく参考に)、電車に乗るときの楽しみにしようと思ったのですが、コロナの影響か、今は広告がほとんどないですね(都内だったら違うのかなぁ?)。